ブレイク・ライヴリーが主演した傑作サメ映画!「ロスト・バケーション」生きるために彼女がとった驚愕の応急処置とは!?

4月23日にNetflix(ネットフリックス)では、人気ドラマ『ゴシップ・ガール』でセリーナを演じ、世界的ファッションアイコンとなったブレイク・ライヴリーが主演し話題になったあのサメ映画が、ついに解禁されました!

これまでに数多くのサメ・パニック映画が制作されてきましたが、本作は『ジョーズ』以来の秀作との呼び声も高い作品!

今回はそんな本作の魅力をご紹介します。

 

「ロスト・バケーション」ってどんな映画?

母親に先立たれ妹の世話をしながら医学の勉強に励む医学生のナンシー(ブレイク・ライヴリー)は、勉強漬けの日々から解放されるべく休暇を利用して、サーフィンをするためにビーチを訪れていました。

波風や地形が完璧であり、またそこは亡くなった母親が教えてくれた秘密のサーフスポットでもありました。

しかしサーフィン中に負傷し、大量に出血しながらもナンシーは岩場に取り残されてしまうことに。

さらに、岩場付近には血の匂いに吸い寄せられて来た人食いサメが徘徊していて、周りに誰もいない絶体絶命の状況で、生きて岸までたどり着かなくてはならないのでした…。

金字塔『ジョーズ』以来の本格的サメ・パニック!

岸までたった200mという距離設定が非常に面白いポイントであり、水泳が得な人やサーファーの方なら難なく泳いでたどり着いてしまう距離なのかも知れません。

もちろん、そういう訳にはいかないお話だからこそ面白いのですが(笑)

よくあるサメ映画では、“いかにスリリングにサメによる恐怖を描けるのか”ということに重点を置いてる作品も少なくありません。

しかし本作は、すぐ目の前にゴール地点がありながら、どうしようもできない極限状態に追い込まれてしまったヒロインが、あらゆる手段を使ってなんとか生き延びようとする姿を、非常にリアルにかつ臨場感たっぷりに描いていることが最大の魅力!

最後まで視聴者もヒロインが生きてたどり着けるのか、どんな展開が待っているのかとヒヤヒヤ・ドキドキしながら楽しむことができますよ!

タイムリミットは100分!!

本作は単なるシチュエーション要素のあるサメ映画ではなく、主人公に刻一刻と迫り来るタイムリミットというのも面白要素。

本作の主な舞台となるのは、ヒロインのナンシーが海で取り残されてしまった岩場。

一見、岩の上なら安全地帯のようにも思えますが、岩が水面に浸かってしまう『満潮』までの時間が徐々に迫ってくるという恐怖を感じながら、時間との戦いも展開していきます。!

そんな中であらゆるアクションを起こしていくことになります。

医学生としての知識を駆使して危機を回避!?

本作では、ヒロインが医学生という設定となっていることもまた面白ポイントで、医学を学んでいる彼女だからこそできる応急処置などもあります。

身につけていた〇〇を使いウェットスーツを裂いて止血しようと試みたり、〇〇で負傷した部分を縫合しようとしたりと…驚かされることばかり!

すぐそこにいるサメと満潮が迫り来る恐怖によって精神的に疲労しながらも、機転の効く彼女ならではの発想で、この修羅場をどのように回避するのか。

そういったことに注目しながら観ていただくと、より一層楽しめるかと思います!

まとめ

いかがでしたか?

あらゆる面白要素を詰め込んだ秀逸なストーリー。

恋愛ドラマや映画のイメージが強いブレイク・ライヴリーが、サメ映画で勇敢なヒロインを熱演しているというだけでも観る価値がありますよね。

ちなみに劇中で「鼻をぶつけて流血するシーン」があるのですが、どうやら本当の事故だったそうで…そういったスタントなしの本物アクションにも注目です!

そして、本作でナンシーがラストに選択する究極の決断とは…!?

気になった方はぜひ本編をご覧になってみて下さいね。

After being bitten by a great white shark, a young surfer is stranded on a rock close to shore and must outwit the predator that stalks nearby.
 
 

こちらの記事もおすすめ

フォローする