ハンドレッド(THE100)はなぜこんなに面白い?シーズン5以降どうなる?人気キャラは?

ハンドレッド(THE100)はポストアポカリプス系のドラマシリーズの中でも特に人気の高い作品で、NETFLIXでは現在シーズン5が配信中です!

そこで今回はハンドレッドの何が面白いのか、なぜみんなハマっているのか、見どころをご紹介します。

 

ハンドレッドの魅力

ハンドレッドの大筋は、核攻撃により文明が崩壊してしまった地球に宇宙ステーション住まい(作中の呼称はアーク)だった少年少女100人が強制的に送られてしまうというサバイバル要素高めなSFドラマです。

石器時代のような暮らしをしている地球人と争ったり協力したり、仲間同士でもめたり、「リーダーは誰だ!」なんて争ったりします。

シーズン1では特に内輪の問題が顕著で、みんな問題ありで地球におくられた少年少女なので、喧嘩ばっかり。

個人的にはシーズン1の前半のノリだけだったら、かなりティーンズ向けのドラマだなと思います。

ところが話が進むにつれ、宇宙ステーション住まいの大人たちの権力争いや問題、地球が滅びてしまった謎の解明や、現地人同士のパワーバランスなど、どんどん話が複雑化します。

ハリウッドのティーンズ向けドラマは、恋愛とお着替えシーン(お色直し)が豊富なのが特徴ですが、恋愛エピソードはシーズンが進む程に控えめで、サブストーリー扱いになっていきます。

割とハードなSF&サバイバルなので、恋愛エピソードはそぎ落としていったのかもしれませんね。

ちなみに作中では現実の地名が殆ど登場しませんが、舞台はワシントンDC近くということになっています。(つまり北米の東海岸沿いですね!)

今日の敵、明日の味方

ハンドレッドの長所であり短所でもあるのは、敵味方がしょっちゅう入れ替わる事です。

味方だとおもった部族が敵になり、敵の部族が味方になったりは日常茶飯事で、善玉キャラと悪玉キャラもコロコロ変わります。

話の中心となる主人公のクラークもかなりワイルドで強引な女性として描かれており、時に冷徹な決断をもって、敵を切り捨てます。

ハラハラドキドキはいいのですが、ハンドレッドのシーズン3や4にもなってくると、どいつもこいつも裏切りそうだし、裏切っても驚きが無くなってきます

大人気キャラ!オクタヴィアの魅力

オクタヴィアはコロニー生まれの女の子で、物語の中心人物の一人、ベラミーの妹です。

100人の中でも早い段階で原住民と心を通わし、生活スタイルや態度はどんどん原住民化します!

シーズンが進むと、原住民たちも恐れる戦闘力高めの戦士へと成長し、兄便りのひ弱女子が心も体も屈強な最強女子に。戦闘力だけならクラークの上をいくかもしれません。

ウォーキングデッドでいうところのダリル(ボウガン使いのクールイケメン)みたいな印象で、主役を食う勢いで人気が加速しています(笑)

シーズン1からシーズン4までを通して考えた場合、最も成長(変貌)したのは彼女ではないでしょうか?

ハンドレッドのシーズン6はある?

現時点においてはラストシーズンの発表がされていないので、トラブルなどで打ち切りにならないかぎり、シーズン5で終わる事はないでしょう。

ただ、人気次第でいくらでも続けられる1話完結系のドラマとは違って、話の大筋が結末にむかって進んでいるので、シーズン7かシーズン8くらいがラストシーズンとなるのかもしれません。

(個人的にはかなり面白いドラマだと思っているので、どこかしらで大きなテコ入れをして、話の流れを大きく変え、延命させてほしいです)

A century after Earth was devastated by a nuclear apocalypse, 100 space station residents are sent to the planet to determine whether it's habitable.