小栗旬が織田信長と明智光秀を一人二役するSF時代劇映画『信長協奏曲』のあらすじ・見どころをネタバレ少なめにレビュー

NETFLIX(ネットフリックス)で配信中の『信長協奏曲』(映画版)は、小栗旬主演のSF時代劇です。

いわゆるタイムスリップもので、高校生のサブローが信長と入れ替わったら…というお話。

史実を変わった方法で脚色していると評判になった映画なので、気になっていた方も多いかも知れません。

そこで今回は『信長協奏曲』のあらすじや見どころをネタバレ少なめにレビューしていきます。

 
吉宝

『信長協奏曲』(映画版)のあらすじ

高校生のサブローは、ひょんなことから戦国時代にタイムスリップしてしまいます。

そこで自分と瓜二つの顔をもつ織田信長に出会い、「自分の代わりに織田信長になってくれ」と頼まれます。

時代劇の撮影と勘違いしたサブローですが、次第に本物であると気づき、織田信長として行きていくことになります。

サブローは真実を知っている3人、織田家の重臣である池田恒興、妻の帰蝶、本物の織田信長(明智光秀と名乗り始める)の3人とともに天下泰平を目指していきます。

一方、織田家の家臣の一人、羽柴秀吉は織田信長に恨みがあり、織田家を滅ぼそうと画策します。

『信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)』映画オリジナル予告編

はたしてサブローは本能寺の変を生き抜くことができるのか、歴史はどのようになるのだろうか・・・というのが大体のあらすじです。

本作はテレビドラマ『信長協奏曲』の続編映画であるため、基本的にはドラマを楽しんだ方向けのコンテンツですが、本作だけを視聴しても楽しめるようになっているので、わざわざドラマ版をみなくても大丈夫です。

小栗旬が一人二役

小栗旬が演じるのは、主人公の織田信長のフリをしているサブローと、明智光秀のフリをしている本物の織田信長です。

そのため「小栗旬と小栗旬による本能寺の変」という謎の構図が(笑)

史実では本能寺の変により、織田信長は明智光秀に殺され、明智光秀も直後に自害したとされていますが、本作ではかなり内容も変わります。

最近ではNHKドラマので明智光秀を主人公とした「麒麟が来る」が流行りましたが、こちらの方はSFでストーリーもぶっ飛んでいるので、かなり楽しみやすくなっています

『信長協奏曲』(映画版)のあらすじ

ということで、『信長協奏曲』(映画版)をまとめると・・・

  • ドラマ「信長協奏曲」の続編映画
  • 主演は小栗旬で1人二役
  • 原作ドラマを知らなくても楽しめる

信長協奏曲は「麒麟が来る」と比べるとかなりコメディ要素が強く、見やすい作品となっています。

秀吉が信長を殺そうとしている…というのも斬新ですね!タイムスリップ時代劇ものが好きな方にはおすすめです!

The stakes rise on Saburo's masquerade as Oda Nobunaga, with the real Nobunaga plotting from within his entourage and a fateful date approaching fast.