メン・イン・ブラックシリーズがネトフリで配信開始!過去4作すべてみれる?スピンオフは?

Netflix(ネットフリックス)でMIB(メン・イン・ブラック)シリーズが全て配信されるようになりました!

そこで今回は全作品の大まかな内容などをまとめて紹介いたします!

スポンサーリンク

MIB(メン・イン・ブラック)シリーズ

メン・イン・ブラック

MIB第1作目は1997年に公開されました。

ニューヨーク市警のエドワーズ(ウィル・スミス)は、ある事件を追っているさなか、犯人は人間ではない何かだと悟ります。

そこにK(トミー・リー・ジョーンズ)が現れ、彼をメン・イン・ブラックという組織に勧誘してきます。

メン・イン・ブラックは、世界に潜むエイリアンを関し、犯罪や侵略を防ぐという任務を持っている秘密組織だったのです!!

そして、MIBのメンバーとなったエドワーズは、Jのコードーネームで活躍します…というのが大体のあらすじ。

この映画でトミー・リー・ジョーンズの認知度が上がりました。現在でも缶コーヒーのCMにエイリアン役(?)として登場しているので、もうすっかりおなじみのキャラになりましたね。

Men in Black | Netflix
A streetwise cop teams with a veteran government agent to work for a super-secret, extremely dapper team that monitors extraterrestrials on Earth.

メン・イン・ブラック2

第2作目は2002年に公開されました。

前作でKが引退してしまい、Jは一人で職務についています。でも、現在の相棒にはいまいち満足いかない…。

ある時、エイリアンが関わる殺人事件が発生し、真相を知るのは25年前の事件を取り扱った K だと判明します。

しかし、Kは引退する時にMIBでの記憶を失っていて、JはKの記憶を取り戻すべく奔走する…というのが大体のあらすじです。

謎だった K の過去や本名が明らかになるのが、本作品の魅力かも。。。

Men in Black II | Netflix
When Agent J uncovers a mastermind's sinister plot, he taps his former MIB partner for another high-octane mission to thwart alien scum and save Earth.

メン・イン・ブラック3

第3作目は、2012年に公開されました。

前作から10年後の世界で、K は MIB に復帰して、再び J とコンビを組んで活躍します。

あるとき、月面のエイリアン専用刑務所から、ボリスという犯罪者が脱獄したことを二人は知ります。

ボリスは、過去に K が逮捕したエイリアンで、タイムマシーンを使って過去に戻り、Kを殺害しようと企てる・・・というのが大体のあらすじ。

本作がウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズが出演する最後のMIB映画となっています。

Men in Black 3 | Netflix
When Earth is threatened by an alien attack, Agent J travels back in time to join forces with a much-younger Agent K and change the course of history.

メン・イン・ブラック インターナショナル

2019年に公開されたこの作品は、KとJが登場しない、スピンオフ作品となっています。

エージェントH(クリス・ヘムズワース)とエージェントM(テッサ・トンプソン)が主人公となっていますが、エージェントOなど、過去作品の登場人物も登場します。

スピンオフではあるものの、前3作を知らずとも楽しめる内容となっていて、ファンでなくとも楽しめる作品とんっています。。

ただしリブート作品ではないので、あくまでも世界線はMIBそのもの。前3作がMIBニューヨーク支局の物語であったのに対して、本作はロンドン支局が舞台となっているところが違います。

続編が出るとしたら、メン・イン・ブラック インターナショナル2となるかもしれませんね。

Men in Black: International | Netflix
When shape-shifting aliens threaten Earth, a new recruit and a veteran MiB agent embark on a mission to save their own organization — and the world.

コメント