ニコラス・ケイジの名演技に涙!誘拐サスペンス「ゲットバック」には親子が魅せる最高のヒューマンドラマ要素があった!?

「ノウイング」や「ゴーストライダー」などに主演し、どんな映画ジャンルもキャラクターも演じてしまうスター俳優ニコラス・ゲイジ。

1997年には、ニコラス演じる仮釈放中の主人公が輸送機で凶悪犯にハイジャックされてしまう映画「コン・エアー」で、サイモン・ウェスト監督と組みましたが、そんな二人が15年ぶりに再びタッグを組んだ一級サスペンス「ゲットバック」。

Netflix(ネットフリックス)でも絶賛配信中のおすすめサスペンス映画なのです!

今作でニコラス・ケイジは、愛娘のためなら手段を選ばない父親を演じます。

また、船からの脱出劇を描いた「ポセイドン」で主演、「J・エドガー」でチャールズ・リンドバーグを演じたジョシュ・ルーカスが出演しているのも見どころな映画です!

「ゲットバック」ってどんな映画?

銀行強盗の罪で服役していたウィル(ニコラス)は、出所後8年ぶりに娘と再開しに行くのですが、自分を裏切った父親を許すことができず、怒りの感情が満ち溢れている娘のアリソンは、そのままタクシーに乗って立ち去ってしまいます。

しかしその直後、突然ウィルの携帯に一本の電話が鳴り、何者かに「お前の娘を誘拐した」と告げられ、その犯人の要求は、“8年前の犯行後に失った10億円を12時間以内に引き渡す”というものでした。

そんな窮地に立たされたウィルは、娘を救うため、無謀すぎる計画とともに再び銀行強盗を決意するのです!

サスペンス映画の誘拐ものは、やっぱり面白い!

名優メル・ギブソンが息子を誘拐された父親を演じた「身代金」や、ジェイソンス・テイサムが悪役を演じた「セルラー」など、人質奪還ものは数多くありますが、“娘が誘拐されてしまう映画”といったら、「フライト・ゲーム」「アンノウン」などに主演し、アクション俳優としての地位を確立したリアム・ニーソンが主演する「96時間」が有名ですよね。

「96時間」でリアム・ニーソンが演じた主人公は、元 CIAの工作員ということで、敵をいとも簡単に一掃し、まさに“最強の父親”というキャラクターでした。

しかし今作でニコラスが演じる父親は、服役していたことを除けばいたって普通の父親なのです。

そんな彼が、過去に犯罪を犯し、あることをきっかけに恨みを買い、以前の仲間の裏切りに燃え、娘を奪還することと同時に、“親子の信頼を取り戻す”という大きなテーマがあります!

これは「96時間」にはないテーマで、ウィルとアリソン二人の人間ドラマを濃密に描いた作品なのです。

娘との絆は取り戻せるのか?!

服役により娘と長年会えなかったウィルが、やっとの思いで出所し、あるプレゼント持って娘と再会するも、突き放されてしまった切ない父親。

いつまでも可愛い子供だと思っていたアリソンは、もう子供ではなかったのです。

”刑務所にいる間、娘との再会を唯一の希望としてきた男と、突然消え刑務所に入ってしまい、父親として信頼することができなくなってしまった娘”。

ニコラス・ケイジのお得意とする”苦悩する表情”が、ウィルというキャラクターをなんとも切ない父親として映し出します。

アリソンの命の期限が刻々と迫る中、娘を奪還するため、そして何よりも娘の信頼を取り戻すために、絶体絶命の危機の中でひたすら疾走する姿は、父が娘をどれだけ大切に思っているか体中に伝わってきてしまう、そんな最高のサスペンス映画です!

まとめ

仲間の裏切り、FBIと警察からの追跡、誘拐犯との息つまる心理戦、そして彼が決断する最後の手段・・・

逃走劇や父娘のドラマなど、見どころ満載の映画です。

Netflix(ネットフリックス)では、ニコラス・ケイジの出演する映画を数多く取り揃えておりますが、サスペンス好きの方には、映画「ゲットバック」をお勧め致します!きっとお楽しみ頂ける作品です。