エロくてハードなB級映画『パラダイス女子刑務所』は女刑務所モノが好きな人は見るべき!?

Netflix(ネットフリックス)で配信中の『パラダイス女子刑務所』は、バイオレンス&セックスなスリラー映画です。

軽い罪で矯正施設送りとなった少女が、地獄のような日々を駆け抜けていく超ハードな作品なので、地上波ではまず放送されないでしょう。

そこで今回は『パラダイス女子刑務所』のあらすじやみどころをご紹介したいと思います。

 
吉宝

『パラダイス女子刑務所』のあらすじ

アメリカ人のマロリーは、最低な親の元を離れ、叔父のいるタイで暮らしていました。

地元の子と喧嘩しただけで警察に捕まってしまい、なぜか矯正施設に2週間行けといわれてしまいます。

叔父いわく「ココはアメリカじゃない」とのこと。マロリーの常識が通じないようでした。

マロリーが送られたラティサン矯正施設は、実は完全に腐敗しており、施設長ジェニファーの横暴で殆ど無秩序な状態。レイプと暴力と賭け事でなりたっている地獄でした。

マロリーに言い渡されたのは「2週間後に戦ってもらう」との事。

格闘の経験もないマロリーは、なにもしなければ撲殺されそうな勢いです。

しかも対戦相手は、矯正施設の中でも最も危険な人殺し少女のリザで・・・というのが大体のあらすじです。

この物語、はっきりいって序盤は全く救いが有りません。

殴られるわ、犯されるわで、最終的には人殺しとデスマッチをしろ!となるので、マロリーの心はボロボロ。

それでもめげずに前を向き、施設長のジェニファーを叩き潰して、脱出してやろうというのが本作の見所です。

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

B級好きのためのバイオレンス映画

暴力シーンにしろレイプシーンにしろ、本作の作りはB級映画なので、悲壮感の演出もチープです。

チープなんだけど怖くて、チープなんだけどエロい・・・そんな映画です。

主人公もそんなに可愛くないし、敵役のジェニファーも小物感がすごいのですが、それがかえって気軽に楽しめる雰囲気になっています。

特に、しょっちゅう登場するマロリーの裸は、だらしないボディでそれがかえってリアル・・・。

『パラダイス女子刑務所』まとめ

ということで『パラダイス女子刑務所』をまとめると・・・

  • セックス&バイオレンスな映画
  • 地獄のような矯正施設に入れられた女の子が、ひどい目にあいながら脱出を試みる話
  • B級映画なので、チープが楽しめる人にオススメ

ちょっとネタバレになりますが、マロリーは最後、矯正施設を脱出することができます。

施設内でひどい目にあいすぎているので、完全なハッピーエンドではないですが、ジェニファーへの復讐が最大の見所となるでしょう!

After getting in a fight at her school in Southeast Asia, an American teen is sent to a correctional facility, where she faces hard labor and abuse.