あの人の正体は一体何者!?「エントラップメント」複雑な人間関係が絡み合う傑作ロマンティック・サスペンス!

トム・クルーズの「ミッション・インポッシブル」や豪華キャスト陣が勢ぞろいした「ミニミニ大作戦」などがありますが、Netflix(ネットフリックス)で配信中の「エントラップメント」は、そんなスパイ映画を彷彿とさせる作品であり、SFパニック超大作「ザ・コア」などのジョン・アミエル監督が手掛けた、傑作ロマンティック・サスペンス映画です。

そして主演には、「007」で初代ジェームズ・ボンドや「インディ・ジョーンズ」で主人公インディの父親ヘンリー・ジョーンズ教授などを演じた、名優ショーン・コネリーと、「シカゴ」「ターミナル」「オーシャンズ12」などのアカデミー賞女優キャサリン・ゼタ=ジョーンズという豪華コンビ!

ただのサスペンス映画でもスパイ映画でもなく、“2000年問題”を背景に、“犯罪とロマンスの駆け引き”を描いたストーリーが魅力な、お洒落サスペンス映画であるのをご存知でしたか?

 

「エントラップメント」ってどんな映画?

ニューヨークでレンブラントの名画が盗れるという名画盗難事件が起きるのですが、保険会社に務める女性調査員のジン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、その手口から数々の美術品を高名な手口で盗んできた大泥棒として名高いマック(ショーン・コネリー)の仕業だと確信します。

マックを捕まえるためいくつかの罠を思いついたジンは、ロンドンへと渡り、自らを同業者と装ってわざと彼に近づき、一緒に黄金の仮面を盗み出すという大胆な行動に出るのです。

しかし、彼をハメるために仕組んだ今回の計画だけではとどまる事なく、今度は80億ドルを盗み出すという2000年問題に絡んだ銀行強盗へとエスカレートしてしまうことに・・・

窃盗シーンでジンが魅せるアクロバティックも魅力!

この映画の見どころの一つでもある、黄金の仮面を盗み出すシーンは、本作品をご覧になった事がある方は一番印象に残る映像なのではないでしょうか。

完璧なセキュリティが完備され、どこからも入る隙がないほど張り巡らされている赤外線レーザーを、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの見事な柔軟性とスタイルでセクシーに避けて侵入してしまうシーンは、有名な窃盗もの映画にも引けを取らない大注目のシーンです!

二人に生まれる複雑な関係!

連続窃盗犯マックを捕まえる事が本来の目的であり、そこから物語は展開し始めていくのですが、実は今作での最大の見どころは、刑事ドラマにありがちな逃走劇や迫力のアクションシーンでもなく、“二人の間に生まれてしまう複雑で特別な感情”なのです。

マックは、捕まえるためにやってきたジンに徐々に惹かれていってしまうのです。

また、“追うものと追われる者”だったはずのジンとマックが、ストーリーが進んでいくにつれて、“どっちがどっちをハメている”のか最後まで分からなくなってしまう描写。

一緒に犯罪に協力しているジンという人物は、果たして“善良なのか悪人なのか?”

マックはジンの魂胆に初めから気付いていたのか?という視聴者に生まれる様々な疑問。
マックがジンに対して好意を抱いた事によって複雑になる二人の関係、それによってさらに複雑になるストーリー。

そういった事がこのドラマの最大の魅力なのです!

まとめ

二人の間に芽生える特別な感情や、キャサリンが魅せる窃盗シーン。

そして、良い意味で期待を裏切り予想を遥かに超える驚愕のシナリオやある者の正体も見どころであり、まるで”アルパチーノとジョニー・デップの「フェイク」”を観ているかのような映画です!

豪華コンビが贈る「エントラップメント」は、Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信しております。

サスペンスやラブロマンスがお好みの方にはぜひオススメしたい映画です!