第3弾・続編映画も決定「G.I.ジョー」超ハイテク武器に面白要素満載!かつてないド迫力アクションに大興奮が止まらない!

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中である「G.I.ジョー」という映画をご存知ですか?

「きみへの誓い」や「ホワイトハウス・ダウン」などラブロマンス映画からSFアクション映画までこなす人気俳優チャニング・テイタムが主演を務め、「エデンより彼方に」でアカデミー賞を受賞したデニス・クエイドや、今作でハリウッドデビューしたイ・ビョンホンなども出演しており、キャストにも大注目なのですが、実は元々、同名フィギュアや80年代のテレビアニメ『地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー』が基になっているのです!

メガホンを取るのは『ハムナプトラ』シリーズでも有名なスティーブン・ソマーズで、今作ではハイテク兵器を使った超ド迫力アクションが見どころです!

そんな「G.I.ジョー」の魅力をお届けしたいと思います。

 

「G.I.ジョー」ってどんな映画?

序盤に、元々ガンの治療薬として開発された“ナノマイト”という薬が、悪の武器商人によってあらゆるものを破壊してしまう脅威の兵器として、世界征服を企む悪の組織“コブラ”に渡ってしまいます。

パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界中を襲う中、コブラを食い止めるためアメリカ政府が送り込んだのが、世界各地の精鋭を集めた史上最強の国際機密組織部隊である“G.I.ジョー”なのです。

そんな悪の組織コブラとG.I.ジョーとの壮絶な戦いが画面いっぱいに繰り広げられるSFアクション超大作です!

迫力のアクションシーンが満載!

エジプト・東京・パリなど世界各地で繰り広げられますが、当時の予告編などでも大きな話題となった、あらゆる武器が装備されハイスピードで街中を駆けめぐれる“ハイパースーツ”を着た主人公たちが魅せる、絶妙なカメラアングルや高度なスローモーション、CGの最先端をいく未だかつて見たこのないシーンを連続させる迫力の戦いは、このシーンだけでもぜひご覧になっていただきたいほどです!

パリのシーンでは実際に本物の車を112台以上破壊しており、当時映画史上最大の記録を叩き出したことでも話題になりました!

また、白いスーツを纏う忍者“ストーム・シャドウ”を演じるイ・ビョンホンの魅せる刀を使ったアクションも見どころです。

今作、そして続編にも登場するイ・ビョンホンは重要な人物となっており、彼の過去を映し出す回想シーンやある物との因縁の対決、手裏剣や日本刀を使った一流のアクション、ジャッキー映画を彷彿とさせ世界中の男を魅了するカンフー映画テイストのシーンにも大注目です!

続編・「G.I.ジョー」も必見!

今作では、G.I.ジョーとコブラが様々なハイテク兵器を駆使してド迫力の戦いを繰り広げましたが、続編作ではブルース・ウィルスや「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソンなどのアクション界のスター俳優たちが、“生身”を駆使して豪快なバトルを繰り広げます!

当時の試写会では、「迫力がケタ違い!凄くリアルで瞬きを忘れるくらいアクションの連続だった」と多くの賞賛するコメントが上がっていたほどです!

中でも、ヒマラヤの断崖絶壁で繰り広げる激しいワイヤー・アクションシーンは最大の見どころと言えます。

まとめ

今作も続編も、「G.I.ジョー」はストーリーやキャストも魅力的ですが、とにかく満載のアクションをお腹いっぱいになるまで存分に楽しむことができる映画です!

圧倒される数々のアクションシーンは、それだけでも十分観る価値があるほどのクオリティー。

また、スティーブン・ソマーズ監督が今作のメガホンを取っているということもあり、実は彼の手掛けた『ハムナプトラ』シリーズに主演したブレンダン・フレイザーもカメオ出演しており、アクション以外にも見どころが満載となってます!

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の「G.I.ジョー」。

ぜひ、続編と2本続けてご覧になってください!

2018年の「G.I.ジョー」第3弾も待ちどうしいです。