【NETFLIXオリジナル】セカンドアクトはジェニファー・ロペス主演の痛快下剋上コメディ!

『セカンドアクト』は Netflix オリジナル作品として配信中のコメディ映画。その主演は歌手だけでなく女優としても活躍するジェニファー・ロペスです!

偽の経歴で大企業に就職した主人公のマヤが、第二の人生をどう切り抜けるかというのが見所のポップで元気になれる作品です!

ということで、今回はそんな『セカンドアクト』のあらすじや見どころをレビューしていきたいと思います。

 

『セカンドアクト』のあらすじ

地位や名声にたいする欲が強いくせに、低賃金労働者のまま40歳になってしまったマヤ(ジェニファー・ロペス)。

ある時、冗談半分のアイディアが現実のものとなってしまい、偽の経歴をWEB上にアップ。フFacebook上でも一流コンサルタントとして活躍する成功者を演じることに。

するとある大企業がマヤのもとにオファーをいれ、マヤは転職。新しい人生の始まりとなります。

嘘を誠にするためにあの手この手をつかって切り抜けようとするマヤですが、将来は一体どうなってしまうのか・・・というのがセカンドアクトのあらすじ。

現代のシンデレラ&サクセスストーリー

低賃金労働者の頃は、安物の服&アパートに住んでいたのに、コンサルタントになるやゴージャスなドレスを纏い、高級マンションにすむマヤ。

演じるのがジェニファー・ロペスだけあって、ゴージャスバージョンのアヤの美しさと滲みてる強さは圧巻!(本来の姿?)

女性のサクセスストーリーですが、ピンクラベル映画ではないので、男性でも楽しめるサクセスストーリーに仕上がっています。

アメリカではヒットするも日本では未公開

Second Act Trailer #1 (2018) | Movieclips Trailers

セカンドアクトは、全米での試写会の反応は上々でした。ただ、いざ公開してみると同時期(2018年12月)に公開された他作品野人気が強く大ヒットとまではいかず・・・。

お陰で日本での劇場公開はされず、未公開になってしまいました(悲)

しかし実際に見てみればコメディ映画としては安心感のある内容で、超大作とは言いませんが普通によくできた映画です。

日本では Netflix により2019年2月より公開し、ジワジワと人気がでています。

『セカンドアクト』まとめ

ということで『セカンドアクト』をまとめると・・・

  • 偽の経歴で低賃金労働者が一流コンサルタントになるサクセスストーリー
  • 主演はジェニファー・ロペス
  • アメリカではそこそこヒットするも、日本では劇場未公開
  • 本作『セカンドアクト』もそうですが、アメリカではそこそこヒットしたのに日本では未公開の映画は沢山あります。

    そんな作品をNETFLIXで楽しめるのは、映画ファンとして本当にありがたいものです(笑)

    After losing out on a promotion, an assistant manager at a Queens big-box store seizes the chance to reinvent herself for a high-powered corporate job.