ピーター・ジャクソン監督作!「ラブリーボーン」死後の世界と残された人々の現世を映し出した驚愕のストーリー設定とは!?

ベストセラーの小説を基にして製作された「ラブリーボーン」。

主演は、『つぐない』や『ハンナ』で凄まじい演技力を披露し、世界中に評価された子役であるシアーシャ・ローナン!

スパイ映画『ハンナ』では完璧に鍛え抜かれた最強の女性でしたが、本作では天真爛漫な14歳の少女。

そして、シアーシャ・ローナン主演作でメガホンを取ったのは『ロード・オブ・ザ・リング』でも有名なあのピーター・ジャクソン監督

そんな本作の魅力とは!?

 

「ラブリーボーン」ってどんな映画?

主人公はスージー・サーモンという魚のような名前をした14歳の青い瞳が素敵な美少女。

そんなスージーは、ある日家の近くのトウモロコシ畑で、連続殺人犯に殺されてしまいます。

映画の主人公がいきなり殺されてしまい、「え!?これからどうなるの?」というような驚愕の展開で幕が開けるのです。

本作の語り部となっているのももちろんスージー。

14歳というと好奇心旺盛で、まだこれから先やりたいことがたくさんあるでしょうし、恋愛もたくさん経験したいという年頃ですよね。

初恋の男性レイとデートの約束もしていたスージーは、その約束を果たせないままこの世を去ってしまいました。

残された家族や身近にいた人たちは様々な思いを胸に、罪悪感や深い悲しみにくれている中、死後の世界と現世を彷徨うスージーの視点で物語が描かれていきます。

前代未聞のストーリー設定

当時本作を鑑賞する前は、“殺された少女の話”とあったのでサスペンス要素のある重いお話なのではないかと思っていたのですが、さすがはピーター・ジャクソン。

描かれるファンタジーな世界 (死後の世界)も、『指輪物語』シリーズで圧倒的な映像美を魅せたピーターならではの世界観が映し出されており、重い内容であるのに全くそう感じさせないストーリーも魅力でした。

衝撃的な展開から始まる本作では、“残された家族・友人など現世で生きる人々を見守るスージーの心模様が、第三者の視点で描かれていきます”。

自分がこの世を去ってしまった事によって家族がバラバラになって崩壊していくさまを死後の世界から見て「私が何とかしよう」「きっと私にも何かできることがあるはず」と思い立つスージーや、家族がどうなってしまうのかということに、終始目が離せないストーリーとなっております。

つまり、本作はサスペンス映画のように“事件の解決”が目的なのではなく、その事件をきっかけに“変わってしまった、スージーの家族や友人などの人生物語が描かれていく”のです!

スタンリー・トゥッチの怪演にも注目!

本作に登場する誘拐レイプ犯を演じているのは、数々の映画の名脇役スタンリー・トゥッチ。

今年(2017年7月現在)エマ・ワトソン主演で公開された実写版『美女と野獣』では、ハープシコード(チェンバロ)の姿に変えられたマエストロ・カデンツァ役を見事に射止め、『ハンガー・ゲーム』シリーズでは司会者シーザー役を演じていた俳優です。

個人的には、『キャプテン・アメリカ』で演じていた、主人公の生みの親アースキン博士が好きでした。

そんな彼が本作では、少女を狙う連続殺人鬼を演じており、今までの役柄のイメージを一瞬で変えてしまうような怪演ぶり。

眼鏡をかけていたりいなかったりと映画によって様々ですが、今回は眼鏡をかけた姿が本作のキャラクターに一層不気味さを醸し出していると感じました。

まとめ

原作とは構成が異なっておりましたが、個人的には満足のいく作品で、観た後に様々なことを考えさせられる映画でした。

父親役を『TED』のマーク・ウォールバーグが演じていることにも注目です!

また、ピーター・ジャクソンだけでなく、本作は巨匠スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務めているということもあり、もう一言では表現できないほど魅力的な作品になっております。

まだ観たことがない方、もう一度観たいという方、Netflixで絶賛配信しておりますのでぜひお見逃しなく!