【ホラーファン以外は決して観ないで下さい!?】ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウスが○○すぎて眠れない件

NETFLIXオリジナルとして配信中の「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」。

いわゆる恐ろしい洋館に住んじゃった系ホラー作品なのですが、住んでいたのは子供の頃。そして、大人になった主人公達が過去を思い出しながら、再び悪霊などと対峙するあたりが斬新な構成となっています。

この作品はいろんな意味でゾクゾクくる作品なので、そっち系が苦手な人は要注意です・・・。

そんな作品の「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」の魅力に迫ります!

 

ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウスとは

ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウスの原作はシャーリイ・ジャクソンの「丘の屋敷」(1959)。小説では心霊学者が主人公となり幽霊屋敷を探索する話でしたが、ドラマ版では屋敷に住んでいた子どもたちが主人公となっていて、目線が全然違います。

洋館モノのホラードラマといえば、最近では「アメリカンホラーストーリー」が大きな反響をよびましたが、この「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」もアメリカの辛口批評サイトで100点を叩き出した話題作。ですのでシーズン2が制作されるのも時間の問題でしょう!

主人公の5人の子どもたち

スティーヴン
子供の頃の体験をもとにオカルト小説を書く作家。しかし超常現象を信じておらず、科学で解明出来ると思っている。
シャーリー
子供の頃は面倒見の良い姉。現在は結婚し、夫と葬儀屋(!)をやっている。 スティーブンが自分たちの事を本にしたことを許せずにいる。
テオ
子供の頃は霊感が冴えていてズビズビ感じちゃう幽霊レーダー妹。おとなになってからは心理カウンセラーとして悩める子どもたちを助けている。
ルーク
双子の兄で、霊感は強め。大人になってからは薬物依存症となっており、一番のやさぐれ男。
ネル
双子の妹で、霊感はかなり強め。ビビりで些細なことにも怯えちゃう末っ子。

ヒルハウスのガイドライン

父と母、それに5人の子供たちが住んでいたのがヒルハウス。ぶっちゃけ、みるからにおばけが出そうな洋館なので、よくこんな家に住むなというのが正直な感想(笑)

母のオリヴィアはとても霊感が強く、テオやルーク、ネルには強く遺伝しています。そして母が洋館にて謎の死を遂げると、父ヒューは子供たちを全員連れて逃げ出し、以降は家に近付こうとしません。

ヒューは母の死についてなにか知っているようなのに何も教えてくれず・・・というのが物語の大まかなプロローグです。ちなみに過去エピソードでヒューを演じているのは「E.T.」の主人公、エリオット役だったヘンリー・トーマスだったりします。

ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウスまとめ

見るからに恐ろしげな洋館に住んでいた7人家族。

母が死に、逃げ出した6人の家族が過去を思い出しながら、現代においても死霊達に悩まされるゴシックホラードラマです。

ぶっちゃけ、超絶コワい話ですが、今は生きている5人の子供たちというのがなんとも良い味をだしています。

ホラーやオカルトが好きな人には超オススメの大作ですね!

本作品を見て、恐すぎて・・・あるいは面白過ぎて・・・眠れなくなっても当方は一切関知しませんのであしからず・・・。

Flashing between past and present, a fractured family confronts haunting memories of their old home and the terrifying events that drove them from it.