「ライフ」は国際宇宙ステーションが舞台の傑作SFスリラー。これって「ヴェノム」の前日談 !?

NETFLIX(ネットフリックス)で配信中の「ライフ」は宇宙船内で起こる凶暴な生命体とクルーとの戦いを描く、SFスリラー。設定的には「エイリアン」と似ていますが、内容は全くの別物。

キャストも豪華な上に国内外での評価も高いため、ホラー好きやスリラー好きには必ず見てもらいたい映画です!

そこで今回はライフのあらすじや見所をご紹介します。

 

ライフのあらすじ

国際宇宙ステーションのクルー達が、無人火星探査機を回収します。サンプルを分析してみると、なんと生命体がいることが判明。

初の地球外生命体の発見に喜ぶクルーたちですが、生命体はどんどん進化し、知性も持つようになります。

しかもこの生命体はとても危険で、クルーたちを捕食しはじめて・・・国際宇宙ステーション内でクルーと知的生命体とのバトル開始!というのが本作のおおまかなあらすじです。

SFスリラーの決定版「エイリアン」はかなり未来のお話ですが、本作は国際宇宙ステーションが舞台となっており、現実にあってもおかしくないというのもポイントの一つ。

もし同じようなことが起こったらと考えるとかなり怖いです(笑)

キャストが豪華!

本作の主演は、ブロークバックマウンテンやナイトクローラーのヒットで有名なジェイク・ギレンホール。

さらにデッドプールのヒットで絶好調のライアン・レイノルズや、日本人俳優の真田広之も出演しています!

ホラー映画やスリラー映画というと主人公役だけにスポットが当たる印象ですが、本作は脇役もかなり豪華。(むしろこんな顔ぶれでコケていたら大惨事になったでしょう(笑))

個人的にはグレイテストショーマンでオペラ歌手(主人公と不倫未遂におわる相手)を演じたレベッカ・ファーガソンが出ているのも大きなポイント。国内ではあまり知られていない女優さんですが、とても魅力的な方です。

「ヴェノム」の前日談ではないかという噂も!

スパイダーマンのヴィランズにスポットをあてた映画「ヴェノム」。

この作品に登場するヴェノムもエイリアンであり、設定が似ていること、予告編の映像の一部がほぼ同じであったことから、公開前には本作が「ヴェノムが地球に飛来するまでの前日談」ではないかという噂が立ちました。(驚)

実際は全くの別物で配給元のソニー・ピクチャーズも監督も否定する形に終わっています。

「ライフ」まとめ

ということで「ライフ」をまとめると・・・

  • 国際宇宙ステーション内で起こるSFスリラー
  • 主演はジェイク・ギレンホール。ライアン・レイノルズや真田広之も出演
  • アメリカでの評価はかなり高め

本作は最近のSFスリラーのなかでは群をぬいて評価が高い作品です。

SFスリラーが好きなのに見ていないのであれば、「もったいない」といっても良いレベルです。

Netflixで配信中なので気になる方は視聴してみてくださいね!