Netflixで配信中!伝説のアニメ『ドラゴンボール』はだれでも先が観たくなる!

30年経った今でも多くの人に愛されるアニメ、そのひとつに『ドラゴンボール』が挙げられるでしょう。

筆者はどちらかというと『Z』世代ですが、当時はテレビで『ドラゴンボール』が再放送されており、こちらも夢中になって観ていました。

『Z』の戦闘アクションとは異なり、本当に「魔訶不思議アドベンチャー!」って感じのテイストでしたからね。

今回はNetflix(ネットフリックス)で配信中の伝説のアニメ『ドラゴンボール』を激語りします!

 

『ドラゴンボール』ってどんなアニメ?

山奥で育った少年・孫悟空は、修行中に大都会からやってきたブルマという少女と出会う。ふたりは7つ揃えればどんな願いでも叶うという、ドラゴンボールを探しに旅に出る。

Netflixでは13話まで配信中です(2017年8月現在)。

今さら説明するまでもないですが、日本のみならず世界中の少年少女、大人までも魅了する『ドラゴンボール』のアニメ版です。

知る人ぞ知る?『Z』のような無駄な引き延ばし回もなく、お話がスイスイ進んでいくので快適。

悟空の声を担当した野沢雅子さんの声も可愛らしくて、アラサー世代の筆者はついつい懐かしく感じてしまいます。

逆に『ドラゴンボール改』や『ドラゴンボール超』に慣れ親しんでいる世代は、素朴な絵柄とストーリーに新鮮さを覚えるかも!?

ドキドキ・ワクワクの展開!だれでも先が観たくなる!

先ほど「無駄な引き延ばしがない」と指摘したように、『ドラゴンボール』は次回へのお話のつなぎ方が本当に秀逸です。

とくにドラゴンボールがピラフ一味に奪われたからの、かつての敵だったヤムチャの手助け、願いごとを叶えさせまいと奮闘する悟空一味、悟空の仲間のウーロンが放った衝撃の願いごと、そして悟空の秘密…

この4話分のエピソードは、もうグイグイ引き込まれること間違い無し!

スーパーパワーも超サイヤ人化もない少年悟空が、仲間の協力と知恵でトラブルを解決していく。

まさにアドベンチャーのお手本のようなアニメです!

直撃世代は名声優の演技を噛みしめて

放送から30年も経ってしまえば、声優を引退された方、鬼籍に入られた方もいらっしゃいます。

今も最前線で活躍されている、野沢雅子さんや古谷徹さんは驚異的すぎますが(笑)

筆者のような30代以上の方であれば、「懐かしのあの声」に心ときめくこと間違いないでしょう。

10代20代の方なら、今の声優さんとは違う方の声に意外性を感じるかも?

まとめ

月日が流れるのは早いもので、夢中になって観ていた『ドラゴンボール』もはや30周年ですか…

子供の頃は「大人になったらアニメなんて観ないんだろうな」なんて思ってましたが、なんのなんの、面白い作品はいくつになっても観てしまいますね。

読者のあなたもぜひ、「大人になっても観たいアニメ・コレクション」のなかに、ぜひ『ドラゴンボール』を加えてやってください!