『メアリーマグダレン』はマグダラのマリアを主人公にした初の長編映画!

Netflix(ネットフリックス)で配信中の『メアリーマグダレン/マグタラのマリア』は聖書に登場するマグタラのマリアについて語られた宗教要素の強い映画です。

イエス・キリストの半生をわかりやすく描いた作品でもあるので、キリスト教に興味のある方にはおすすめの作品。

そこで今回は『メアリーマグダレン』のあらすじやみどころをネタバレ少なめにご紹介します、

 

『メアリーマグラレン』のあらすじ

イスラエル、マグダラに住むマリア(イエスの母とは別)は、男尊女卑の村に住む女性でした。

いずれは父親の決めた男と結婚する事になっており、人生を悲観する毎日でしたが、偶然村にやってきたイエス・キリストに出会い運命が変わります。

マリアはイエスに付いていけば人生が変わると思い、家族と別れて彼に弟子入り。エルサレムへの旅に参加します。

当時のイスラエルや厳しいユダヤ教の教えとローマ帝国の圧政の板挟みの中にあり、人々は希望を失っていたのですが、イエスは新しい教えにより民を救済していきます。

そしてエルサレムにつくころには、マリアもイエスに心酔するほどとなるのですが、同じくイエスを愛していたはずのユダがローマに密告し・・・というのが大体のあらすじです。

あったようで無かった映画

キリスト教を題材にした映画は数多くあるのですが、実はマグダラのマリアを主人公として描いた長編映画は本作が初だそうです。

彼女は「イエスの死と復活を見届けた証人」とも言われており、本作でも彼女の目線でイエス・キリストの死と復活が描かれています。

そんな、マグダラのマリアを演じるのは、ドラゴン・タトゥーの女で全身ピアスのパンク女、リスベットを演じたルーシー・マーラ。

そしてイエスを演じるのはジョーカー(2019)でバットマンの宿敵ジョーカーを演じたホアキン・フェニックス。

イエスがジョーカーで、マリアがリスベットという振り幅がすごいですね(笑)

ちなみに裏切り者で有名なユダは、フランスの笑顔が可愛いイケメン俳優が熱演。「こいつが裏切るんかい!」と衝撃を受けるほどです。

作品も面白いですが、配役も出演作をみるとビックリな内容ですね!

まとめ

ということで『メアリーマグラレン』をまとめると・・・

  • マグダラのマリアを題材にした宗教映画
  • マグダラのマリアを主人公にした初の長編
  • イエスを演じるのはジョーカー(2019)のホアキン・フェニックス
  • マグダラのマリアを演じるのはドラゴン・タトゥーの女でリスベットを演じたルーシー・マーラ

宗教映画といわれると構えた気持ちになってしまいますが、単純に中世のサスペンス映画として観るのもアリです!

A woman with healing powers abandons her village life to become a devout disciple of Jesus, the founder of Christianity.