映画版バイオハザード全6作がついにNetflixで登場!ゲームとは別のバイオストーリーを楽しもう!

バイオハザード(英:Resident Evil)の映画シリーズが Netflix 一気に公開!

1作目から6作目(最終章)まですべて視聴できるので、映画版を見逃していたバイオハザードファンは大チャンスです!

そこで今回は、映画版のバイオハザードのあらすじやみどころをご紹介したいと思います!

 

映画版バイオハザードのあらすじ

ゲームには登場しないアリス(演:ミラ・ジョヴォヴィッチ)という女性が主人公。1作目では謎の洋館で目覚めるところから始まり、正体は不明。

最終章の『バイオハザード: ザ・ファイナル』にいたるまで、彼女が主人公であり続け、細菌兵器によりゾンビのようなモンスターを作ってしまったアンブレラ社と戦い続けます。

正体は元アンブレラの特殊部隊の隊員であり、戦闘力はかなり高め。さらにストーリーが進むと、ある事情でどんどんと強くなっていきます。

ゲーム版の主人公であるジルやクレアなどが登場、ラクーンシティなどの共通の舞台が登場するものの、ストーリーのつながりは一切なく、展開も別モノ。

なのでゲーム版をプレイしていても新鮮な気持ちで楽しめるし、プレイしていなくても、特に問題なく楽しめます!

単純にゾンビ系のアクション映画だとおもえばいいでしょう(笑)

映画版バイオハザードシリーズのみどころ

この映画シリーズの魅力はアリス演じるミラ・ジョヴォヴィッチのハードなアクションシーンに尽きます(笑)

ストーリーもしっかりありますが、ミラ・ジョヴォヴィッチの長編PVかと思うくらい、彼女の魅力が詰め込まれたアクション&ホラーストーリーなので、ミラ・ジョヴォヴィッチ好きなら歓喜!(嫌いなら見ないほうが良いかもです。)

ちなみに1作目だけ若干テイストが違い、閉鎖された空間でのホラー&スプラッタテイストが強く、チョッピリ怖いお話。

2作目からはっちゃけ始めるので、とりあえず2作目までみて判断すると良いかも。

制作費は1作目にたいして2作目と3作目が1.5倍、4作目と5作目が2倍となっており、演出もどんどん豪華になっていきます!

ちなみに6作目では、日本で活躍しているモデル・タレントのローラが出演したことで、当時話題になりました。(わりとチョイ役なので、あまり期待せずに(笑))

まとめ

ということで、映画版のバイオハザードをまとめると・・・

  • ゲーム版と映画版は全く別のストーリー
  • 主演がミラ・ジョヴォヴィッチとなり、最新作まで主人公は一緒。
  • 1作目と2作目以降のテイストが若干違う(かなり派手になる)

バイオハザードのゲームファンにとっては、気にせずにはいられない映画シリーズですが、内容は一切繋がりがないので、作品ごとに楽しめます。

特にゲームのことを知らなくても楽しめますし、ゲームのネタバレになることもありません。

単純にミラ・ジョヴォヴィッチ主演の長編ゾンビ映画シリーズとおもって楽しむといいかも!?