【Netflixオリジナル】バード・ボックスはサンドラ・ブロック主演の新感覚ホラー映画!

Netflixオリジナル(ネットフリックス・オリジナル)として配信中の映画バード・ボックス

サンドラ・ブロック主演のホラー映画であり、けして見てはいけない「なにか」と対峙しながら、幼い子供立ちを守っていくお話です。

ブロックの演技はもちろん、ストーリーの設定や内容も良く出来ており、2018年度のNetflixオリジナル映画のなかではかなりオススメな作品。

そこで今回は、バードボックスのあらすじやみどころをレビューしていきたいと思います!

 

「バード・ボックス」のあらすじ

マロリー(サンドラ・ブロック)は2人の幼い子供を守るため、目隠しをしたまま森に入り、川を渡ろうとするところから始まります。

一体、なぜ目隠ししているのか、何に怯えているのかが回想シーンを交え、次第にわかっていきます。

世界が「なにか」の恐怖に怯え、それを見た者は自殺してしまったり、気が狂ってしまうという世界のお話。

マロリーははたして子どもたちを守りきれるのか、「なにか」とはなんなのかというのがバードボックスのあらすじです!

「バード・ボックス」の見どころ

見どころは、目隠ししながら子供を守る母親、マロリーを演じるサンドラ・ブロックの演技でしょう!

サンドラ・ブロックといえば、スピード(1994)のヒロインとしてブレイクし、「あなたが寝てる間に…」や「デンジャラス・ビューティー」、最近では「ゼロ・グラビディ」や「オーシャンズ8」での活躍が覚えにある大女優。

2010年に母親になったブロックにとって、幼子をかかえるマロリー役はうってつけで、さすがよ言わしめる熱演で映画を盛り上げています!

ちなみに助演でジョン・マルコヴィッチが出演しており、こちらも良い味だしてます(笑)

「なにか」のおそろしさ

見た者にとって、最も恐ろしい姿で登場するとも言われている「なにか」。

マロリーが「なにか」を見てしまった場合はどんな姿なのか、子どもたちが見てしまったら…と色々想像させるお話です。

爪や牙のあるわかりやすいモンスター映画ではなく、何に襲われているのかすら定かではない感じが、なんともドキドキハラハラさせてくれます。

個人的には、こういった回りくどいタイプのホラー映画は、想像力を掻き立てやすく、かといって必要以上のスプラッターなシーンもないので好きです!

「バード・ボックス」まとめ

視界を奪われた世界を生き抜く、サバイバル・スリラー『BIRD BOX/バード・ボックス』予告編

ということで、バード・ボックスについてまとめると・・・

  • Netflixオリジナル作品
  • 見てはいけない何かに怯え、子供を守る母親の話
  • 主演はサンドラ・ブロック

バード・ボックスは、Netflixオリジナルの映画作品の中でも、かなりおすすめしたいホラー映画の一つです。

練り込まれたストーリーとブロックの演技により、万人が安定して楽しめる作品だと思います。

アメリカ本国の批評家にも好意的に受け止められているようです。

なんだったら劇場公開しても大ヒットしていたかもしれませんね!

Five years after an ominous unseen presence drives most of society to suicide, a survivor and her two children make a desperate bid to reach safety.