まだ観てないの?映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』もっと早く観ておけば!と後悔する前に…

2016年5月1日。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開園当初より愛されていたアトラクションが、惜しまれつつも稼働終了となりました。

今回ご紹介する、Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(以下、BTTF)のタイムマシンでおなじみ、デロリアンのアトラクションです。

多くの映画ファンが愛し、名作として語り継がれる『BTTF』。

30年以上経った今でも色褪せない、その名作たる理由とは?

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ってどんな映画?

1985年。友人の科学者ドクと知り合った高校生マーティは、彼が愛車デロリアンをベースに開発したタイムマシンを見せられる。試運転を始めようとしたところ、ドクに恨みを持つテロ集団が襲い掛かる。銃弾を浴びて倒れる彼を見たマーティはデロリアンで逃げ出し、そのまま1955年にタイムスリップしてしまう。

「名作だよ!絶対見てね!」なんて他人に勧められると、途端に観る気がなくなることってあるじゃないですか。

でも、『BTTF』だけは例外ですよ!観なきゃ!!

かく言う筆者もまともに観たのはつい2~3年くらい前ですから(笑)

鑑賞前「80年代の映画でしょ?いくら名作って言ってもさ~」

鑑賞後「おんもしれえええ~!IIも観るぞ!!」

こうなること間違い無し!

なぜこうも『BTTF』は観るものを惹きつけるのか?

その謎に迫ってみましょう。

タイムスリップもののお手本!伏線回収が見事!

筆者が『BTTF』を観てまず驚いたのが、伏線回収の見事さですね。

タイムスリップものでは欠かせない要素だと思うんですよ。

「如何にしてさり気なく伏線を張り、回収して見せるか」って。

『BTTF』は、まさにお手本のような伏線回収。

クライマックスでの見事過ぎる伏線回収の畳み掛け、心の中で拍手喝采していました。

これで確信しましたね。

「なるほど、これは語り継がれる名作だわ」って。

ドタバタ学園ラブコメとしても楽しめる!

『BTTF』はタイムスリップという大きな軸と、もう一本学園ラブコメという軸で成り立っています。

「1955年にタイムスリップしたマーティーが1985年に戻るためには?」

「マーティーに惚れてしまった学生時代の母親を、ぶじ実の父親をくっつけるには?」

自分の母親が過去に自分に惚れてしまうなんて、普通に考えたら地獄のような設定ですが…

このラブコメもタイムスリップと同じくらいハラハラドキドキ、手に汗握る展開の連続です。

果たして、マーティーは実の母親と父親をカップル成立させられるのか?

マーティーが”バック・トゥ・ザ・フューチャー”した1985年はどう変わっているのか?

結末が気になって気になって…気づいたらグイグイ引き込まれているはず!

まとめ

今なお名作として語り継がれ、「午前10時の映画祭」などの常連となっている『BTTF』。

筆者と同じように「80年代の映画でしょ?今さら…」という方ほど観てほしい。

ぜひI~IIIと続けてNetflixで!