これは凄い!フルCG映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』はヌルヌル動く最恐ホラー作品

NETFLIX(ネットフリックス)で配信中の『バイオハザード:ヴェンデッタ』は、お馴染みの大ヒットゲーム「バイオハザード」を元にしたフルCGの映画作品です!

バイオファンは多くいらっしゃるかとおもいますが、ヴェンデッタがどのような内容か、ゲームとつながりがあるのかなどが気になっている人も多いハズ。

そこで今回は『バイオハザード:ヴェンデッタ』のあらすじやみどころをネタバレ少なめにご紹介します!

バイオハザード:ヴェンデッタのあらすじ

主人公はバイオハザード1や、バイオハザード5、バイオハザード6、そして最新作のバイオハザード7などに登場するクリス・レッドフィールド。

生物兵器を扱う武器商人、グレン・アリアスの罠によって一度部隊が壊滅し、その後部下であるレベッカ・チェンバース(バイオハザード0の主人公)と共に、レオン・S・ケネディ(バイオハザード2、バイオハザード4、バイオハザード6の主人公)をメンバーに加え、再びグレン・アリアスを追い始める・・・というのが大体のあらすじ。

ストーリーの時系列的にはバイオハザード6とバイオハザード7の間におこった事件を描いています。

内容はまさにバイオファンのための展開なので、「クリスって誰?レオンって誰?」というレベルだと楽しめないかも。ヴェンデッタはこれまでバイオハザードを何作かプレイした人にむけた映画です。

フルCGバイオの魅力

ゲーム版のバイオハザードシリーズは、本編の重要なシーンでよくムービーシーンが入りますよね。本作はそのムービーシーンだけでゲーム1本分の内容を語ったような映画です。

監督は清水 崇というバイオハザートやカプコンとは一切関係の無い方ですが、「呪怨」や「学校の怪談シリーズ」など、多くのホラー映画やテレビドラマを監督している最恐(!)の方です。

そのため、キャラクターの動きの滑らかさもさることながら、クリーチャーの演出はなかなかのもの。結構ドキドキさせてくれます。(笑)

バイオハザードの映画といえば、ミラ・ジョボビッチが主演していた実写映画シリーズもありますが、こちらはCG作品なので、キャラクターの動きはアグレッシブでかなり超人的。

生死ギリギリの迫力のあるアクションを楽しめます!

まとめ

・バイオハザートファンのための映画
・主人公はクリスとレオン
・バイオハザート6とバイオハザード7の間のストーリー

バイオハザードファンにむけた映画であることは確かですが、ストーリー自体はわりと独立しているので、「バイオハザード6はやったけど、どんな内容だっけ?」というレベルでも問題なしです。

ちなみにジル(バイオハザードで最強の女子)が出演しないのは、ゲーム版の時間軸を考えると無理があることが理由の一つだそうです。

In the second sequel of this animated franchise, a team of agents fights a vindictive enemy plotting to release a lethal virus into the world.