実写と3Dアニメーションが融合!「アーサーとミニモイの不思議な国」ミクロの世界で映し出されるファンタジーな世界とは!?

皆さんはNetflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の「アーサーとミニモイの不思議な国」という映画をご存知ですか?

『レオン』や『96時間』『トランスポーター』シリーズといった数々の傑作アクション映画手掛けてきた、リュック・ベッソン監督が執筆した世界中で大ヒットの児童文学『アーサーとミニモイたち』をベッソン監督自らが、脚本・監督・製作総指揮の全てを務めた“3Dアニメーションと実写が融合”した超大作ファンタジー映画なのです!

また、続編映画も製作され3部作構成の作品となっており、彼の頭の中は一体どこまで広がっているのだろうとつくづく考えさせられてしまいます。

さらに今作のキャラクターに声を吹き込んだのは驚きの超有名人だった!?

そんな今作の魅力をお届けしたいと思います。

 

「アーサーとミニモイの不思議な国」ってどんな映画?

主人公アーサーは、いつか冒険をしてみたいと夢見る好奇心旺盛な10歳の少年。

ある日、借金返済の機嫌があと2日に迫り家が立ち退きの危機にあること知ったアーサーが、庭のどこかに祖父が埋めたとされるルビーを借金に当てようと考え、古い地図を頼りに宝探しを始めます。

しかしその先には、裏庭の地中に住む“体長2mmのミニモイ族”たちが暮らす想像を超えた世界が待っており、アーサー自身もミクロとなって大冒険を繰り広げるのです!

ミニモイ族たちにも危機が訪れ、借金の返済期限も迫る中、アーサーは宝物を見つけ大切な家族や仲間を危機から救うことはできるのでしょうか!?

“リュック・ベッソン”ワールドを堪能しよう!

今作で見どころなのは、何と言っても実写と3Dアニメーションの融合によって生まれた幻想的で美しい世界観です!

ベッソン監督が一流のクリエイターとともに映像化させたこの二つの融合。

当時、3Dアニメーションと実写が合わさったらいいのにな・・・なんて思っておりましたが、そんな映画ファンたちが抱いていた夢がまさに現実となって、かつてない感動と映像を堪能できてしまう作品なのです。

フランス郊外にスタジオを建てスタッフとともに3年間住み込みで制作に及んだというのも驚きです!

また、ミニモイ族は体長が“2mm”というミクロサイズの大きさのため、木の実や葉っぱまでもが巨大に見えてしまう演出も魅力。

キャラクターたちがまるで役者のように感情豊かで、細部に渡る凝った作りにもぜひ注目してご覧になって頂きたいです!

あの天才子役と超大御所が奇跡の共演!

主演に抜擢されたのは、かつて『チャーリーとチョコレート工場』『奇跡のシンフォニー』などで凄まじい演技力を魅せ天才子役として世界に名を馳せ、今ではすっかり大人の俳優へと成長しサイコ・ドラマ『ベイツ・モーテル』でサイコキラーの若き頃を圧倒的な存在感で演じたフレディ・ハイモア。

そんなフレディ・ハイモアの脇を固めるのは、世界のトップ・アーティスト!

今作メインキャラクターであるセレニアの声優を務めたのは、世界の歌姫マドンナ

強く勇敢でセクシーな声を吹き込んでおります。

そして魔王マルタザール役には、ロック界の大御所デイヴィッド・ボウイ

当時今作を鑑賞した際にエンドロールで彼の名前が出てきた時は驚きましたが、彼の圧倒的なカリスマ性と類い稀な才能によってマルタザールの不気味さや恐ろしさを見事に表現しており、まさに命を吹き込んでいるようなクオリティでした!

また、吹き替えはそれぞれ戸田恵梨香、Gacktが務めており日本語版にも大注目です。

まとめ

ベッソン監督の作り出した世界観と映像の素晴らしさを皆さんもぜひ堪能してみてはいかがですか?

そして家族の絆、助け合う中で芽生えた仲間への友情、体験する初めての恋。

宝物よりも大切なものを守るために奮闘するアーサーの姿に、きっと皆さんも応援してしまいたくなりますよ!

Netflix(ネットフリックス)で、全シリーズ3部作絶賛配信中です。