ナタリーポートマン主演「アナイアレイション~絶滅領域~」がゲーマーの心を鷲掴みする神設定と話題!

「アナイアレイション~全滅領域~」はNETFLIXオリジナル(ネットフリックスオリジナル)作品として配信されている映画作品で、ファンタジックでいてホラー、ミステリーと冒険に満ち溢れたドキドキとワクワクが止まらないSF作品です!

そこで今回は、「アナイアレイション~全滅領域~」の魅力や作品の概要などをご紹介いたします。

 

ゲーマーなら舌なめずり!「アナイアレイション」の世界観

アナイアレイションは、地球上に現れた異空間「エリアX」を解明するお話。空間内は地球上の一部であるはずなのに、殆どの動植物が突然変異し、あるものはイノシシとクマのハイブリット、あるものはサメとワニのハイブリット、異常な生物と化した人間などが溢れています。

こんな世界に、生物学者であり元軍人のレナの夫が操作のために突入し、命からがら帰還するもこん睡状態に。

レナは夫に何が起こったのかを調査すべく、この意空間に調査隊チームを再編成し、突入します。

凶暴な異性物&異空間というファンタジー&ホラーな世界を調査する様は、良質なコンシューマゲームを思い起こさせる内容で、ゲーマーならドキドキとワクワクが止まらない内容です!

主人公レナ役にナタリーポートマン

主人公を演じるのはナタリーポートマン。「レオン」のマチルダ役を皮切りに、アンネの日記のアンネ役、スターウォーズシリーズのアミダラ役、ブラックスワンのニナ役など、数々の大役をこなしているハリウッド界切手のスター女優。

近作においてもナタリーの魅力はたっぷりで、彼女のファンでなくても、この演技力抜群で美しい女性はだれだ!と気になるかもしれない。

(パイレーツオブカリビアンシリーズなどで有名なキーラナイトレイと容姿が似ており、本人達も認めているが別人)

原作は3部作

「アナイアレイション~全滅領域~」の原作である小説は3部作であり、「絶滅領域」、「監視機構」「世界受容」と続きます。

本作は「絶滅領域」のみを映画化しており、なおかつ映画独自の展開により完結しています。

つまり、原作である「監視機構」と「世界受容」が同じネットフリックスオリジナル作品として製作される可能性はとても低いですが、本作をみて気になったなら、小説版の「絶滅領域」と、続編である「監視機構」と「世界受容」を読んでみてもいいかもしれません!

映画版ではしっかりと解明されていない異世界「エリアX」の謎は「世界受容」ですべて解明されるので、「アナイアレイション~全滅領域~」を観て、「エリアXって結局なんだったんだよ~」と気になる方はご覧になってみてください!

かくいう私もこちらの映画が縁となり、小説版の3冊を購入してしまいました!

When her husband vanishes during a secret mission, biologist Lena joins an expedition into a mysterious region sealed off by the U.S. government.