【NETFLIXオリジナル】小細工や超能力無し!骨太なサスペンスドラマ「運命の7秒」が心に刺さると評判

NETFLIX(ネットフリックス)オリジナル作品として登場した「運命の7秒」は黒人少年の死亡事件を軸に警察の隠蔽と家族の戦いを描く、骨太なサスペンスドラマとして仕上がっています!そこで今回は「運命の7秒」の魅力についてご紹介!

 

運命の7秒とは

アメリカ、ニュージャージー州ジャージーシティ、15歳の黒人少年が死体となって発見される。実はこの事件には警察が絡んでおり、警察は隠蔽工作を計っていく。一方で、家族や少年の関係者は、警察を疑い真実を求めて戦い始める。

少年が死ぬ間際の7秒間、本当は何が起こっていたのだろうかというお話。

この作品において超能力や小細工は一切なく、淡々と事件にまつわるエピソードが語られていきます。

しかも1本の映画ではなく、ドラマとして仕上がっているため、ひとつひとつの事柄に関する深堀もたっぷり。かなり骨太な作品です。

本気のサスペンスドラマが見たい!大人向けの作風

日本とくらべ犯罪発生率が非常に高いアメリカにおける、混沌とした死亡事件のお話なので、われわれ日本人がみると、まるでアメリカ社会の裏側をみたような気分になるかもしれません。

徹底的にリアルさが追求されており、本当にそんな事件があってもおかしくないようなお話として仕上がっているからです。

また少年の両親は勿論、事件に関わってしまった警察側の心理描写も丁寧に描かれているため、「犯人は極悪人!最悪!」と割り切れないストーリーテイリングになっています。

悪ではないが善でもない、グレートーンで続く攻防にハラハラしない人はいないかも。

制作は名作「ザ・キリング」を制作したチーム

ザ・キリングも運命の7秒とおなじく、1つの殺人事件を追うお話。
設定もろもろは大きく違いますが、毎回別の事件が起こるのではなく、連続したドラマという点では一緒。

英国アカデミー賞国際シリーズ作品賞を受賞しており、骨太なサスペンスドラマとして大変人気があります。

そんなザ・キリングを制作したチームが「運命の7秒」を制作しているとあって、ザ・キリングのファンを中心に運命の7秒の出来のよさ、中毒性が注目されています。

ちなみにザ・キリングはシーズンが変わると主人公は同じものの別の殺人事件に以降し、長編ドラマとして続いています。

もし先に「運命の7秒」をみて、面白いと感じたなら、次はザ・キリングをみるといいでしょう。こちらもNETFLIXで配信しています。

まとめ

正直にいって、スカッとする活劇のようなドラマを求めているなら「運命の7秒」はおすすめしません。リアルで重くて、湿り気のあるハラハラドキドキを味わいたいサスペンスドラマ好きのための作品であり、万人受けではありませんが、それだけに響く人にはズシっとくるハズ。

The death of a 15-year-old African American boy in Jersey City sets off a police cover-up and a search for the truth.