実話を元にしたサスペンス『MOTHER マザー』長澤まさみが演じる母親が恐ろしすぎてビビる!

Netflix(ネットフリックス)で配信中の『MOTHER マザー』は長澤まさみがヤバめの母親を演じたことで有名な、実話を元にしたサスペンスです。

母親が金欲しさに息子に殺人を指示するという内容で、かなりインパクトのある内容となっています。

そこで今回は『MOTHER マザー』のあらすじやみどころをネタバレ少なめにご紹介します。

 

『MOTHER マザー』のあらすじ

秋子(長澤まさみ)は、11歳の息子の周平と二人暮らしでした。

非常に貧乏で両親にお金を貸してほしいと頼みますが、縁を切られてしまいます。

そのうえ秋子は遼というホストと出会って、生活が更に荒んで行きます・・・。

周平は学校に通えず、そして秋子は遼の子供を妊娠して娘を出産します。

それから5年後、周平は16歳になっていましたが、生活は前よりきつく、ホームレス同然の生活に・・・。

秋子は働かず、遼の借金の肩代わりまでして、周平だけが働くようになります・・・。

「職場のお金を盗め!」など酷い命令ばかりをする秋子ですが、ついには「祖父母を殺して金を奪ってこい」と周平に言い放ちます。

もちろん周平は抵抗しますが、幼い妹を守るため、実行を決意して・・・というのが大体のあらすじです。

なんとも恐ろしくて悲しいストーリー。

長澤まさみ演じる秋子は最後まで酷い母親なのですが、周平は母親が嫌いというわけでもなく、家族を守るために凶行にはしってしまうという、なんとも切ない物語です。

実話をベースに描く感動の衝撃作!映画『MOTHER マザー』予告編

実際の事件

この映画は2014年に起こった「川口父母殺害事件」と呼ばれた事件をモデルにしています。

当時ある場所で老夫婦の遺体が発見され、警察は少年を逮捕します。

少年はキャッシュカード欲しさに犯行に及んだとし、よくよく調べてみると、少年自身よりも少年の母親が酷い大人だという事が発覚します。

虐待はもちろん、この映画のとおり殺人も命令するなどしていたことがわかり、当時問題となりました。

ちなみに裁判の結果、母親は懲役4年半、少年は懲役15年と求刑されます。

現在の状況はわかりませんが、2014年から4年半後に釈放ですから、すでに母親は出所していることになります。。。

まとめ

ということで、『MOTHER マザー』をまとめると・・・

  • 実際の事件を元にしたサスペンス
  • 長澤まさみが恐ろしい母親を怪演
  • 事件に登場した母親は、おそらくもう出所している

長澤まさみって可愛い役から妖艶な役から色々演じていますが、こんなヒール役も演じるのだと驚きました。

ちなみに彼氏役のホストは阿部サダヲが演じています。イケメンじゃないクズ感が妙にリアルで怖いです。。。

Shuhei’s erratic mother feels threatened when he starts to awaken to a world beyond her distorted control, sending the family hurtling towards tragedy.