アン・ハサウェイが挑む一級心理サスペンス「パッセンジャーズ」驚愕のどんでん返しにあなたは一体何を思う!?

先日、『プリティ・プリンセス』シリーズのアン・ハサウェイ主演で贈る実写版シンデレラ『魔法の国のプリンセス』のレビューをいたしましたが、そんなプリンセス役がお似合いの彼女が迫真の演技で一級心理サスペンスに挑んだ「パッセンジャーズ」も決して見逃せない作品です!

こちらはもちろん作品数が豊富なNetflix(ネットフリックス)で絶賛配信中です。

“どんでん返し”系の映画がお好きな人にはぜひオススメしたい驚愕の作品です!

今回は、そんな本作の魅力をご紹介したいと思います。

 

「パッセンジャーズ」ってどんな映画?

ある日、大惨事な飛行機墜落事故が起きてしまうのですが、その事故で奇跡的に生還し唯一の生存者である5人の男女を受け持つことになったのが、アン・ハサウェイ演じるセラピストのクレア。

生存者それぞれが様々なトラウマや事故の影響で負った心の傷を治療していくことになります。

しかし、5人をカウンセリングしていくにあたって驚愕の事実を知る事となり、徐々にクレアが不可解な事態に巻き込まれていく・・・というストーリーです。

アン・ハサウェイが挑む、一級心理サスペンス!

本作の見どころは、セラピストである主人公が、事故の真相を追えば追うほど深みへと引き込まれていき、様々な謎や不可解な事態によって、徐々に自分自信すらも見失っていくという事です。

最初の見どころは、クレアが一人一人カウンセリングしていくと、当時航空会社が発表したものとは異なる証言(事故体験)を生存者から聞かされるということ。

当時の発表では“パイロットの過失”などとされていたのですが、飛行機事故は何者かによって仕組まれていた事故なのか・・・そして誰かがそれを隠ぺいしようとしているのか!?

といったところにも注目で、デンゼル・ワシントンが主演した『フライト』観ているかのようなドキドキ感も魅力的でした!

もう一つは、生存者の一人で不気味なほど落ち着きはらっているエリックという人物です。

『インシディアス』シリーズのパトリック・ウィルソン演じるエリックは、グループ・カウンセリングを拒否したり、クレアを口説こうとしたりと戸惑わせる変わり者。

クレアがそんな情熱的なエリックに徐々に惹かれていくというのも見どころです。

突然姿を消してしまった生存者は、一体どこへ!?

一級心理サスペンスとも言える本作にミステリー要素を加えることによって、さらに視聴者までを深みに引き込みます!

「パッセンジャーズ」の見どころはまだまだこんなものではありません。

事故に関する事実を証言した生存者たちが突然姿を消してしまうということや、クレアの自宅にやってくる謎めいた隣人・・・こういった不可解な事態、そして演技力抜群なアン・ハサウェイの魅せる細かい表情によって、本作の面白さが一気に加速していきます!

監督が仕掛けるラスト10分に驚愕!!

本作最大の見どころは、”誰もが騙されてしまうほど驚愕の結末が用意されている”ということです!

『ファイト・クラブ』や『アイデンティティー』などのようなラストのどんでん返しは、凄まじいです。

“映画を観始めた時からすでに騙されていた”感が半端じゃないのです!

事故の真相に迫ろうとするクレアが、ある人から明かされる「クレアだけが知らない驚愕の事実」とは一体何なのか!?

言葉を一瞬無くしてしまうほど、誰もが思いもよらない予想を遥かに裏切る衝撃の結末に驚愕です!!

まとめ

キュートでプリンセス役を数多く演じてきたアン・ハサウェイが新たに挑んだ一級サスペンス。

普段見ることのできない彼女の貴重な表情と圧巻の演技力に誰もが釘付けになること間違いなしです。

驚愕の結末はぜひ、皆さんの目で確かめて下さい!

映画「パッセンジャーズ」は、Netflixで絶賛配信しております。