【NETFLIX】「キングのメッセージ」はブラックパンサー主演俳優のハードなスリラー

NETFLIXオリジナルで公開中の「キングのメッセージ」は、かなりハードボイルドなLAを舞台にしたスリラー。

主演はブラックパンサーで主人公のティ・チャラを演じたチャドウィック・ボーズマンです!

日本では劇場未公開なので、楽しめるのはNETFLIXだけですね。

そこで今回はこの「キングのメッセージ」のあらすじやみどころをレビューしていきます。

 

「キングのメッセージ」のあらすじ

主人公のジェイコブは南アに住んでいましたが、LAに住む妹からSOSの電話がはいり、追いかけてきました。

妹の行方を追ううちに大都会の闇と対峙することとなるのですが、ジェイコブは一つ一つ向かい、真実へを近づいて行きます。

本作の見どころの一つとしては、ジェイコブ自身が謎に包まれた男だということ。なぜ捜査能力が卓越しているのか、なぜ戦闘技術が高いのか、ただの貧乏人とはおもえないくらい迫力があります。

彼の本性は物語後半に語られることとなるのですが、それまでずっと「こいつなにものなんだ?」という思いにかられるはず。

また、彼の戦闘術もかなり苛烈で、手に自転車のチェーンのようなものを巻き付けてボコスカなぐります(笑)

刃物や銃、格闘技とはちがう荒々しさがあって、ダーティーなダークヒーローが好きな人は震えてしまうかも!

チャドウィック・ボーズマンといえば、ブラックパンサー!

主演のチャドウィック・ボーズマンは現在のところブラックパンサーとしての知名度のほうが高いですが、本作でもかなりの演技力をみせてくれます。

監督は「変態村」で有名なファブリスだが・・・

キングのメッセージは「変態村」ほどの残虐シーンはない

「キングのメッセージ」のメガホンをとったのは「変態村」や「地獄愛」などで知られる鬼才ファブリス・ドゥ・ヴェルツ

今までの作品は、かなりダークで陰鬱としたものであり、よほどのハードなスリラー好きでないと楽しみにくい突飛なものでした。。

ところが今作は、彼にしては一般向きで楽しみやすく、発狂しそうな恐ろしいシーンは殆どありません。

(ファブリス・ドゥ・ヴェルツらしい変態性を求める人は、がっかりするかも)

個人的にはダーティなハードボイルド映画はすきだけど、狂気と残虐性の極みのような映画は苦手なので、むしろ本作のみがファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督の映画の中では好みです(苦笑)

まとめ

  • 南アからLAにきた男のアクションスリラー
  • 主人公のジェイコブはかなり謎な男
  • 監督は鬼才ファブリス・ドゥ・ヴェルツ

作品タイトルになっている「キングのメッセージ」のキングとは、ジェイコブの名字。

なので、王様からのメッセージという意味ではありません。ジェイコブ(キング)のメッセージはかなり暴力的で激しく、狙った獲物は逃さない鋭さがあります!

On a relentless quest to avenge his sister's murder, a man from Cape Town infiltrates a sprawling network of lowlifes and elites in Los Angeles.