LOSTをまだ見ていない人へ!海外ドラマファンなら絶対に観るべき理由とは?

LOST(ロスト)は2004年~2010年まで放送されていたアメリカの大人気ドラマ。日本でも非常に知名度が高い大作で、海外ドラマファンなら1度は耳にしたことがあるでしょう。そこで今回はまだLOSTを見ていない人のために、LOSTの魅力を語っちゃいます!

 

LOSTの概要

LOSTは、映画「アルマゲドン」の脚本や「ミッションインポッシブル」シリーズの製作者として有名なJ・J・エイブラムスが手がけるテレビドラマシリーズ。

とある島に墜落した飛行機の生き残りの人々が、謎多き島の秘密や衣食住に対するサバイバル、既にいる謎の島の住人達と戦いながら、生きていく物語。

いわゆる謎が謎を呼ぶタイプのミステリー要素が強いアクションスリラーで、見れば見るほど謎がきになってしまい、やめられなくなってしまう中毒性があります。

パイロット版(シーズン1の第1話と第2話)だけで制作費16億円という国内映画だったら何本作れるんだというような、非常にお金のかかっている作品です!

LOSTが人気となった理由

LOSTはサバイバルや謎要素に対するアプローチや真相が、サイエンスとオカルト的なSFが混ざり合っています。

ある部分は科学的に究明できたのに、ある部分はオカルト要素が強くて、ただただ不気味で不可解。。。

そんなストーリーの幅広さが人気の理由の一つだと思われます!

LOSTが放映するまでは1話完結モノのドラマが主流だったのにLOSTのようなシリーズ物の深いストーリー展開も新鮮でした!

LOSTの人気にあやかって、その後に連続もののミステリードラマが増えましたが、大体はLOSTほどの人気を獲得できず、シーズン1で打ち切りになっています。

キャラクターの生死は突然

サバイバル要素が高い上、謎の敵対勢力がいるので、LOSTのキャラクターたちは常に死と隣り合わせ。主人公のジャックが外科医ということもあり、重症を負っても復活するものが多い反面、突然事故死したり、殺されてしまったりします。

物語の演出上、それぞれのキャラクターの過去も語れていくため、謎の多いキャラクターは長生きするのかなと思いきや、途中で死んでしまうことも。

常にハラハラドキドキ、自分も島に住んでいるかのように興奮してしまいます!

真の謎はシーズン6まで解明されない

ミステリー要素の強いシリーズものは、ある一定のシーズンまでいくと一区切りついて解決、次の謎に挑む場合が多いです。LOSTのようなストーリーだったらシーズン2か3あたりで一度解決、新たな舞台で心機一転してストーリー展開するタイプがメジャーです。

ところが、LOSTは全シーズンかけて島の謎や住人の謎を追求していく形となっており、「この島はなんなのか」「なぜ既に人が住んでいるのか」といった謎が最後まで解決しません。

つまりLOSTにハマったら最後、シーズン6の最終話をみるまで全然スッキリしないんです(笑)

LOST は海外ドラマファンなら絶対視聴すべき作品

いかがだったでしょうか?

LOST があれほどの人気になったのは、それなりの理由があります。これは見ていただくとすぐに分かると思います。

LOSTが気になる方は、全シーズンNETFLIXで視聴可能ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。 もちろん吹き替え版もOK! (これが地味に凄いです!)

After their plane crashes on a deserted island, a diverse group of people must adapt to their new home and contend with the island's enigmatic forces.