あの頃の名作をもう一度!Netflixで観れる『1980年代のヒット作(洋画)』おすすめ5選!

80年代の名作といえば、第2弾『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』やスピルバーグ監督作『E.T.』『インディ・ジョーンズ』シリーズなど、今でも世界中から愛され続けている作品がたくさんありますね!

そこで今回は、Netflix(ネットフリックス)で観れる80年代のヒット作をご紹介します。

 

『1980年代のヒット作(洋画)』おすすめ5選!

「バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年)」

タイムトラベル映画といったら、やはりマイケル・J・フォックスが主演した“BTTF”シリーズ!

マーティと科学者のドクの名コンビは何度観ても飽きませんね。

過去へタイムスリップしてしまったマーティが、未来の自分の両親と出会ったことで運命が変わりかけてしまう…という波乱万丈のストーリーも魅力!

SF映画が苦手な方でも、このシリーズならきっと誰もが楽しめてしまいます!

同じく80年代に制作された続編・第2弾、90年公開の第3弾も絶賛配信中。

「ヘルレイザー(1987年)」

イギリス屈指の人気作家クライヴ・バーカーが自身初となる監督を務めた長編映画で、現在までに数多くの続編が制作されているカルト的人気を博したスプラッター・ホラー!

極限の快楽を得られる奇妙な小箱によって、自身の肉体を失ってしまったフランク。

数年後、その愛人は男を誘惑しては殺し、いけにえの血肉によって彼の体を復活させようとしていたが、親戚の一人娘が偶然小箱を見つけてしまい…。

“ピンヘッド”の男はヴィジュアルが強烈ですが、独特の設定やホラーとしての演出が素晴らしい作品です!

シリーズ第3弾までを配信中。

After losing his earthly form to demons from another dimension, an undead man asks his ex-mistress for human sacrifices to rebuild his body.

「星の王子 ニューヨークへ行く(1988年)」

エディ・マーフィが主演した映画の中で、筆者が最もおすすめしたい作品でもある「星の王子 ニューヨークへ行く」。

アフリカ王国ザムンダの王子が、花嫁探しのために自分の身分を隠してニューヨークを訪れる…というタイトルの通りのお話で、家族みんなで観るのにもぴったりな傑作コメディです。

相変わらずのエディ・マーフィのマシンガントークも炸裂で、終始飽きることなくたくさん笑えます!

また本作は非常に遊び心が満載で、エディ・マーフィが特殊メイクで「1人3役」に挑戦しているシーンも特に必見です!

Discontented with his pampered life, an African prince heads to America as a working-class man to find someone who will fall for him, not his riches.

「ブレックファスト・クラブ(1985年)」

『ホーム・アローン』シリーズのプロデュース・脚本を手掛けたジョン・ヒューズ監督による、80年代の傑作青春コメディ!

学校の問題児であった高校生5人が、休日の土曜日にまで登校させられ図書館で反省文を書かされることに。

そんな中で、接点もなくタイプも異なる5人が少しずつ心を通い合わせていきます…。

半分以上が図書館内で物語が進行していきますが、心が熱くなるシーンがたくさん描かれており、 “学園モノ”の最高傑作といっても過言ではないでしょう!

「スキャナーズ(1981年)」

鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の代表作の一つである本作は、彼の名を世界中に知らしめた80年代の傑作SFスリラー。

世界を支配しようとするスキャナー(超能力者)と、同じくスキャナーである主人公ベイルの戦いが描かれます。

独特な映像世界の中で描かれる“超能力バトルアクション”も必見!

“頭部が爆発”してしまうあの伝説のシーンは何度観ても衝撃です。

第2弾、第3弾も配信しているので、ぜひ3作続けてご鑑賞するのをオススメします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

80年代の作品は映画史に残るものばかりですね!

また、映画だけでなく80年代ヒットの海外ドラマも数多く配信されており、『新スター・トレック』や『フルハウス』といった名作も配信中です。

皆さんもNetflixでぜひ楽しい時間を過ごしてください!