タイの断捨離映画「ハッピー・オールド・イヤー」が切なくも美しい!

Netflix(ネットフリックス)で配信中の『ハッピー・オールド・イヤー』は、タイ発のヒューマンドラマ。

それほど話題になりませんでしたが、海外や映画好きの間ではかなり評価されている映画なんです!

そこで今回は『ハッピー・オールド・イヤー』のあらすじや見どころをネタバレ少なめにご紹介します!

スポンサーリンク

『ハッピー・オールド・イヤー』のあらすじ

ジーンはデザイナーを夢見てスウェーデンに留学していましたが、タイに戻ってきました。

早速起業するために、自宅を改装してオフィスにしようと考えます。

彼女の家は物で溢れかえっていましたが、彼女のデザインコンセプトはミニマリズムであるため、同居している母と兄にも断捨離をお願いします。

母は反対しますが兄は協力的。ちなみに兄は服のデザイナーであり、ネットで販売しています。

なんとか母を説得し、家の荷物はどんどん捨てられていきます。そんな中、元恋人のエムのカメラとフィルムが出てきます。

ジーンは、スウェーデンに旅立つ際、エムに何も言わず去っており、ジーンには後ろめたさがあります。

エムにカメラとフィルムを返しにいくと、そこにはエムの今の恋人であるミーがいて・・・というのが大体のあらすじです。

過去との決別を繰り返す映画

ジーンの元恋人との記憶、兄の無頓着さ、母親が物を捨てたくない理由…家族それぞれの思い出の品が、断捨離をする過程で消えていきます。

特に重要なのは、母が物を捨てたくない理由です。特にピアノを捨てるのには猛反対します。

実はジーンの父は、母やジーン達を捨てて出ていってしまった過去があるのですが、一緒に暮らしていた頃は、ピアノを使って音楽教室をしていたようです。

母は父を諦めきれておれず、ピアノを捨てたくないのですが、当の父親に連絡してみると、ピアノはいらない、戻る気もないと言われてしまいます。

物語の全体を通して、過去の幸せな日々と現在の差が大きく、どこか物悲しいような、懐かしいような雰囲気のある映画です。

『ハッピー・オールド・イヤー』まとめ

ということで『ハッピー・オールド・イヤー』をまとめると・・・

  • タイのヒューマンドラマ
  • 自宅を改装するために断捨離していく
  • 断捨離の過程で過去と向き合う話

ちょっと物悲しい内容ではありますが、人の生死に関わるような重い内容ではありませんでした。

映像はとても綺麗で美しいので、作品自体が美術品のような映画です。

タイというと、派手なアクション映画の印象が強かったのですが、こういった映画もあるのだと驚きました!

ちなみに制作しているのは「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」で有名なGDH559です。

Happy Old Year | Netflix
While decluttering her home, a woman’s hefty house renovation leads her back to the past when she uncovers her ex-boyfriend’s belongings.

コメント