子供向けと侮るなかれ!映画『GAMBA ガンバと仲間たち』は大人の鑑賞に耐えうる名作CGアニメ映画だ!

数々のアニメ映画が公開される中で、大規模な予算と豪華スタッフで制作されたにもかかわらず、ひっそりと忘れられていく映画があります。

今回ご紹介する、Netflix(ネットフリックス)で配信中のCGアニメ映画『GAMBA ガンバと仲間たち』もそのひとつかもしれません。

タイトルだけ見ると「子供向けアニメ?」と思われるでしょうが、いやいやとんでもない。

超怖い、超燃える、そして超・超・超豪華声優陣という、映画ファンなら必見の名作アニメです!

なぜこの映画がヒットしなかったのか不思議なくらいだ!

 

『GAMBA ガンバと仲間たち』ってどんな映画?

町に住むドブネズミ(町ネズミ)のガンバは、幼馴染みのマンプクに誘われて海を見る旅に出る。2匹は港で船乗りネズミの集まりに参加するが、そこへ全身に傷を負ったネズミが現れる。忠太と名乗ったそのネズミは「夢見が島でイタチのノロイ一族に襲われた仲間を助けてほしい」と訴える。
ノロイとは、船乗りネズミの間では関わることをタブーとされる恐るべきイタチだった。

一見するとかわいいネズミたちのほのぼのストーリーかと思いきや、イタチの侵略からねずみを守るという、かなりハードコアな映画です(笑)

それはもう、あの人気アニメ『進撃の巨人』のような。

主人公ガンバの声を担当しているのが、声優の梶裕貴ですからね。

では、『GAMBA』はどのあたりが「大人の鑑賞に耐えられる」映画なのか?

その魅力に迫ってみましょう。

「進撃のイタチ」?超燃える展開を見逃すな!

先ほども少し触れましたが、『進撃の巨人』を思わせるシーンが随所に散りばめられています。

「イタチに対抗するために要塞を築いて籠城戦」って、ホントに児童文学が原作なのかと疑うくらい(笑)

イメージ画像のシーン、本当に劇中にありますからね…

しかも敵のイタチがまた怖いんです。

感情のない、戦闘と捕食に特化した殺鼠マシーンですから。

そいつらがネズミを食い殺さんと大挙して押し寄せてくるシーンは、超怖いけど必見です。

CGが本当に頑張ってます(笑)

ラストの超燃える展開は思わずガッツポーズしてしまうほど!

超豪華声優陣!このラインナップはやばい!

何がすごいって、超豪華声優陣がすごい。

よくこんなメンツを集めたと感心するばかり。

侍JAPANならぬ声優JAPANですよ!

ガンバ 梶裕貴
シオジ 神田沙也加
マンプク 高木渉
忠太 矢島晶子
ボーボ 高戸靖広
イカサマ 藤原啓治
ガクシャ 池田秀一
ヨイショ 大塚明夫
ツブリ 野沢雅子
ノロイ 野村萬斎

大塚明夫、藤原啓治の組み合わせは知る人ぞ知るコンビ。

これはやばいですよ…

さらに言うと、敵役の呪いの声を担当した野村萬斎がやっぱり良い。

敵としての恐ろしさと妖しさを兼ね備えた声、野村萬斎だからこその演技、見逃すなかれ!。

まとめ

Netflixの『GAMBA』のページを見てみると、作品のジャンルに「心温まる作品,」「エキサイティングな作品」とあります。

逆じゃねえか!とツッコミたいところですが、これが何も間違ってない(笑)

「観てみないとわからない映画」って、この作品のためにあるような言葉ですね。

必見です!

『GAMBA ガンバと仲間たち』ティザー