原作は大ヒット小説!『帰ってきたヒトラー』はヒトラーが現代にタイプスリップしてくるダークコメディ!

NETFLIX(ネットフリックス)で配信中の「帰ってきたヒトラー」はドイツで製作されたダークコメディです。

「あのヒトラーが現代にタイムスリップしたら・・・」という観点で描かれた話題作で、原作の小説は大ヒットしました。

そこで今回は「帰ってきたヒトラー」のあらすじやみどころをネタバレ少なめにレビューしていきたいと思います。

 
吉宝

『帰ってきたヒトラー』のあらすじ

ある時、ヒトラーが目覚めると、そこは2014年のドイツでした。

街を歩くと「ヒトラーのコスプレをした人」と間違えられて、笑われたり、写真を撮られたり、だれも敬意を払ってくれません。

そして新聞を読んだヒトラーはそこが未来と気づき、あまりのショックに倒れます。

ある時、TVディレクターのサヴァツキがヒトラーを見つけ「ヒトラーのモノマネ芸人」と勘違いします。

あまりのクオリティーから「ヒトラーとドイツをめぐる」というぶらり旅番組を思いつき、彼をスカウトします。

この番組は大ヒットし、一時はスキャンダルで落ち込むもヒトラーの人心掌握術はとどまることを知らず・・・。

そしてサヴァツキはヒトラーが本物なのではと思い始めて・・・というのが大体のあらすじです。

2014年のドイツは戦争中でもなければ、ヒトラーが国家元首でもありません。むしろヒトラーの存在は人類の、ドイツの汚点として知られている時代なのに、ヒトラーの魅力が人々を虜にしていくあたりが、少しばかりゾッとするダークコメディですね。

ドイツでは超問題作

ヒトラーに関して言えば、ドイツは世界で最もナーバスな国ですよね。

そんな国で出版された原作の小説はドイツ国内だけで250万冊も売れたダブルミリオン書籍となりました。

そんなベストセラー小説を映画化した本作も大ヒットし、国内外で様々な賞を総なめにします。

しかし、一部では「ヒトラーを魅力的に描きすぎている」と大批判された作品でもあります。

ちなみに映画版と小説版では所々違うところがあります。

特に小説版では、誰もがヒトラーが本物だと思っておらず、そこが逆にゾッとするところでもありました。

本物のヒトラーにみんなが魅せられて熱狂していく姿は、ナチスが復活するかのようで・・・。

『帰ってきたヒトラー』予告編(ロングバージョン)

まとめ

ということで「帰ってきたヒトラー」をまとめると…

  • ヒトラーが現代に蘇ったら・・・というSF物語
  • 原作の小説、本作ともにヨーロッパで大ヒットした作品
  • 作風はダークコメディ

ヒトラーを題材にした映画はたくさんありますが、本物のヒトラーをものまね芸人として描いている本作はかなり異質です。

トム・クルーズのワルキューレなどと比べると、戦争の緊張感などが無い代わりに、現代にヒトラーのような人間が現れたら・・・と想像させる怖さがあります。

史実でも魅力的な人物だったといわれているヒトラーですから、かなり説得力がありますよね。。