「バッドママのクリスマス」が相変わらずのクオリティ。はっちゃけすぎたママに大爆笑の件

ネットフリックスオリジナル作品「バッドママ」にまさかの続編「バッドママのクリスマス(A Bad Mom’s Christmas)」が登場!まさかバットママの続編が出るとは驚きです。(笑)

そこで今回はバッドママを知っている方はもちろん、バッドママを知らない方にもこの作品の魅力をご紹介します。

 

1分でわかるバッドママの魅力

前作「バッドママ」は「夫は浮気中、会社は馬鹿ばっか。更に子育てが大変。もうやってらんねえ!」と激オコのママがやりたい放題するお話。

今回の「バッドママのクリスマス」は「家族のクリスマスが楽しいのは、ママが事前に死ぬほど苦労して準備しているから。やってらんねえ!」とまたも激オコでやりたい放題するお話。

ようするにバッドママのポイントは、多くの主婦(正確にはアメリカの主婦)が不満を感じている日常にちゃぶ台返しをして、はっちゃけまくるお話です。

ちなみに今作ではバッドママのママも登場し、ママとぶつかります。

男女ともに楽しめる映画!ただしカップルで見るな!(笑)

新作バッドママは、前作のママより過激に、そしてセクシーになってます(笑)
単に主婦の怒りをぶつけているだけなら女性向け映画でしょうが、主演のミラクニスの可愛さやセクシーさから、男性にも充分楽しめる作品として出来上がっています。

ただし、夫婦やカップルで見ることはおすすめしません。

なぜなら妻の家事に対する不満があらぬ方向に大爆発する映画で、基本は「女性が正義」「女性の方が苦労している!」というお話。旦那や彼氏は肩身が狭くなるでしょう。

あと、軽めながら性描写も多いので、家族でみるのは厳禁です。

なのでバッドママのクリスマスを見たい!と思ったら1人でこっそり楽しみましょう。

前作「バッドママ」を見る必要はある?

バッドママはストーリーが有って無いような軽めのコメディ作品です。とはいえお話はちゃんと繋がっているので100%楽しむなら前作のバッドママから見た方が「バッドママのクリスマス」も楽しいでしょう。

一方で、「バッドママのクリスマス」から見たところで話がちんぷんかんぷんということはないので、先に「バッドママのクリスマス」を見てから前作を見てもOK。

「ホームアローン2」を先にみてから「ホームアローン」を見てもいいの?と同じくらいの感触です。

まとめ

前作に続き、安定のクオリティの「バッドママのクリスマス」。さらに続編が出来てもおかしくないですね!

「妻の家事に対する不満が爆発する映画」というと、なんとも滅入りそうな雰囲気ですが、早々にひっくり返して、すき放題しちゃうママのお話なので、社会性はかなり薄め。特に臆することなく、気軽な気分楽しめるコメディ映画です。

ちなみにバッドママシリーズはNetflixオリジナル作品なので、楽しめるのはネットフリックスだけ。