2019年新作を見る前に要チェック! 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ではT-800とサラ・コナーは親子だった!?

NETFLIXで配信中の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は過去のターミネーター作品を見ていなくても楽しめる新しいターミネーターシリーズの作品!

2019年にはターミネーター6(新作)も公開予定なので、今のうちにターミネーター気分を味わっておくのも良いと思います。

そこで今回は『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のあらすじや見どころをネタバレすくなめにレビューしていきます。

 

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のあらすじ

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』はターミネーターシリーズの5作目にあたりますが、これまでのストーリーとは大きく違います。

というのも、本作は過去作品のパラレルワールドとなっており、本来大人になってから出会うはずのサラ・コナーとT-800(シュワルツネッガー演じるターミネーター)が少女時代にであっており、サラを救うためにやってきた未来人のカイルの前には、すでにT-800によって育てられた屈強な女性ちとして描かれています。

つまりターミネーター1作目とは違う形でリブートした作品ともいえ、過去作品を知っている人がニンマリする設定が多く有る一方で、はじめてターミネーターに触れる人にも見やすいように作られています。

違和感なし設定のシュワルツネッガー

本作のT-800はすでに十数年まえに送られたターミネーターであり、サラ・コナーからはおじさんと呼ばれています(笑)

旧三部作のT-800といえばムキムキのころのシュワルツネッガーでしたが、本作ではおじさん設定なので、初老風のターミネーターという出で立ちにも違和感がありません。

といっても本作撮影時の時点でシュワルツネッガーは60台後半ですから、年齢を考えるとかなりのムキムキ具合(笑)

一方でサラ・コナーを演じているのはリンダ・ハミルトンからエミリア・クラークに変更されています。

・『ターミネーター ニュー・フェイト』のサラ・コナー(右)(演:リンダ・ハミルトン)

リンダ・ハミルトンはすでに60台の女性ですからこの変更は仕方ないですね。。

ただ、最新作の『ターミネーター ニュー・フェイト』では再びサラ・コナーを演じることがきまっています。

・ゲーム・オブ・スローンズのデナーリス・ターガリエン(演:エミリア・クラーク)

ちなみに本作のサラ・コナーであるエミリア・クラークは人気ファンタジードラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のデナーリス・ターガリエン役で知られており、スターウォーズシリーズの「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」にも出演、なかなか大作に恵まれている新進気鋭の女優さんです!

まとめ

ということで『ターミネーター:新起動/ジェニシス』をまとめると・・・

  • ターミネーターシリーズのリブート作品1作目
  • ターミネーター1のパラレルワールド
  • 老年のシュワに違和感なし!

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は過去作や最新作の『ターミネーター ニュー・フェイト』とはあまり関係がなく、はじめてターミネーターを見る人にもおすすめ。

本作は本来新三部作の1作目となる予定だったようですが、どうやら打ち切り担った様子なので、スピンオフ作品のようなつもりで楽しむと良いかと思います。

Thirty years after judgment day, John Connor sends a friend back to save his mother and stop the conflagration, unaware that things have changed.