脳が100%覚醒してドン底から大富豪に!?「リミットレス」能力を最大限に引き出す新薬の驚くべき実態とは?

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の映画「リミットレス」は、「世界に一つのプレイバック」や「アメリカン・スナイパー」などに出演したイケメン俳優ブラッドリー・クーパーが、「ダイバージェント」を手掛けたニール・バーガー監督とタッグを組み、世界各国で初登場1を獲得し、ドラマ化も実現した大ヒットサスペンス・スリラー映画!

「アベンジャーズ」シリーズなどでも有名な女優スカーレット・ヨハンソンが主演を努めた映画「ルーシー」のように、自身の脳が覚醒したことによって、あらゆる超人的な能力を得てしまった者の物語です。

さらに、名優ロバート・デニーロが脇を固め、名演技によって今作をより一層一級サスペンス映画へと仕上げました。

ハリウッドスターたちにっよって、大人気小説が待望の映画化された「リミットレス」の魅力をご紹介いたします。

「リミットレス」ってどんな映画?

ホームレスのような貧しい生活を送る作家志望の主人公エディは、何ヶ月も執筆できずスランプ状態に陥っていました。

恋人にも話からを告げられてしまい、人生に絶望を感じていたエディは、ある日街で偶然再開した元妻の弟から、一錠800ドルのNZT48という新開発の薬を手に入れるのです。

通常人間は脳の20%しか使っていないと言われているのですが、その薬を飲むと普段使われていない部分が最大限に活性化され、脳を100%覚醒させてしまう驚異の薬だったのです!

どん底の人生を送っていたエディは、ダメ元で薬を試すも、長い間スランプに陥っていた執筆も、一晩で長編小説を仕上げてしまい、それが瞬く間にベストセラーに。

脳が100%覚醒され、いわゆる“リミットレス”状態になったエディは、小説だけに留まらず、投資やギャンブルなどあらゆることにその能力を使い莫大なお金を手にするのですが、麻薬のように効き目が一時的なもので、すぐに次の薬を欲してしまう依存とその副作用など、彼に襲いかかる様々な脅威が待ち受けていたのです。

エディの凄まじい覚醒能力

脳を100%フル覚醒してしまう、ドラマ版でもお馴染みの“NZT48”という薬は、わずか数時間で多言語をマスターしてしまったり、膨大な資料を一瞬で理解し、医者に解明できない病気を突き止めたしまったりと、超人的な脳を持ってしまうのです。

ロバート・デニーロ演じる、ウォール街の伝説的な投資家カールと手を組むことになり、ハイスピードで富と権力を手に入れてしまうエディは、その恐ろしい服用に苦しみながら、超人的な力を得ることができる薬を巡る泥沼の争いに巻き込まれていくのも見どころです!

そんな現実の世界にも起こり得そうな凄まじい能力と監督による現実味のあるストーリーが、視聴者の心を一瞬で釘付けにしてしまうのです。

ドラマ版リミットレスも熱い!

新薬NZT48の存在や、ある程度のストーリーは似通っているものの、2011年公開の映画「リミットレス」に主演したブラッドリー・クーパーが自らが、ドラマ版「リミットレス」の制作総指揮を務め、出演もしております!

売れないミュージシャンである主人公がある日、元バンドメンバーの一人に再開したことから薬を手にし、その超人的な能力を使ってFBIのコンサルタントとして活躍する姿を描いております。

今作もドラマ版も同様に、様々な謎や疑惑が絡みながらノンストップで加速するサスペンスが魅力な作品です!

 

まとめ

現実の世界でも起こってしまいそうなほどリアル感のあるストーリー。

ドラマ版で主演のブラッドリー自らが製作に加わってしまうほど魅力的な脚本と原作小説の素晴らしさは、Netflix(ネットフリックス)でも絶賛配信している「リミットレス」をご覧いただければご理解いただけると思います!

果たして、脳を100%覚醒させその薬に依存してしまったエディの驚くべく結末とは?