伝説のバラエティー番組『水曜どうでしょうClassic』は、腹ねじ切れるまで笑い転げること間違い無し!

かつて、北海道に伝説のローカル番組がありました。

番組名は『水曜どうでしょう』。

深夜帯で低予算ながら、独特な旅企画と過酷なロケに立ち向かう出演者たちの姿に、クチコミがクチコミを呼び、全国でも名の知れたバラエティー番組となりました。

その出演者のひとりが、いまや押しも押されもせぬコメディ俳優・大泉洋。

今回はNetflix(ネットフリックス)で配信中の『水曜どうでしょうClassic』のおすすめエピソードを語っていきます!

 

『水曜どうでしょう』ってどんな番組?

北海道テレビ放送(HTB)制作のバラエティ深夜番組。

北海道のローカル番組ながら、旅をメインとした様々な企画を行い、口コミやインターネットなどでファンを拡大しました。

Netflixで配信中の『水曜どうでしょうClassic』は再放送版です。

2007年には全国47都道府県すべてで放送を達成するという、ローカル放送局としては脅威の人気番組となりました。

これほど伝説的な人気番組でありながら、レンタルはなくDVDリリースのみ。

それでも未だに根強い人気を誇るこの番組の魅力とは?

「安田さんリバース」対決列島~甘いもの国盗り物語~

どうでしょうクルーが全国を旅しながら、各地の「甘いもの」で早食い対決をする企画。

このシリーズのMVPは「安田くん」こと安田顕。

そうです!シリアスからコメディまでこなす、ヤスケンこと安田顕なのです!!

驚異的な早食いぶりを見せる安田さんですが、ここぞというときに神がかり的な失態を犯すのも彼の魅力。

「安田さんリバース」のシーンは腹がねじ切れるくらい笑うこと間違い無し!

「パイ食わねぇか」シェフ大泉 夏野菜スペシャル

大泉さんが得意な?料理の腕を振るう企画のはずが、ロケ車が着いた先は開墾されていない荒れ地。

実は、畑を耕すところから始め、育った夏野菜で料理を作ろうという長期間にわたる企画だった。

しかも、盛り付ける皿も土をこね、ろくろを回して焼くところから……

大泉さんはこの日のために、知り合いの店長にパイ生地を練ってもらっていたのですが、当然これは使わずじまい。

そこで飛び出した大泉さんの名言が、「おいパイ食わねぇか」です。

文字面だけでは絶対に伝わらないので、ぜひ配信分をご覧ください!!

まとめ

他にも「ジャングル・リベンジ」などぶっ飛んだ厳選企画がNetflixで配信中です。

今でも『どうでしょう』は定期的に復活しているんですが、2017年に新シリーズ放送という噂だけが飛び交っている状態……

次の放送が決定するまで、ぜひNetflixで『水曜どうでしょうClassic』でお楽しみください!

『水曜どうでしょう』予告