【Netflixスオリジナル作品】「セットアップ~ウソつきは恋のはじまり~」は一風変わった恋愛大作戦ドラマ!

Netflix(ネットフリックス)オリジナル作品として配信された映画「セットアップ~ウソつきは恋のはじまり~」はワーカーホリックな上司を恋の罠にはめる上質なラブコメディ!そこで今回はセットアップの見どころや面白さをご紹介します。

 

「セットアップ~ウソつきは恋のはじまり~」ってどんな映画?

ゾーイ・ドゥイッチ演じるハーパーとグレン・パウエル演じるチャーリーは、どちらもワーカーホリック(仕事中毒)な上司に振り回されている部下。毎日残業で仕事漬けの毎日にウンザリ。

ある日ハーパーは「お互いの上司をくっつけちゃえば、あいつらラブラブタイムを確保するために、すぐ帰るようになるんじゃね?」「そしたら、わたしらの残業やら面倒な仕事やら減るんじゃね?」と思いつきます(笑)

そんなぶっとびハーパーに「そうだね!やろう!」といっちゃうチャーリーもずいぶんな男ですが、とにかく恋愛ミッション開始。

お互いの上司の好みをしっているハーパーとチャーリーは好みの花を送ったり、大好きな野球チームのチケットを買ったり・・・強引にキスさせたり!

恋愛ミッション系ドラマの肝は外さない

こういった恋愛ミッション系の映画が好きな方は察しがつくとおもいますが、恋愛ミッションを勧めていく過程で、ハーパーとチャーリーもお互いを意識してラブ発生します。

全体的なトーンはとても明るく、面白おかしくみれちゃう映画ですが「二人をとじこめたらセックスおっぱじめるんじゃない?」みたいなセリフも平気で飛び出すので、家族で見るにはちょっと無理があるかも。

ルーシー・リューがツンデレでワーカーホリックな上司に(笑)

パーカーの上司クリステンを演じるのは、あのルーシー・リュー。「チャーリーズ・エンジェル」や「キル・ビル」など数多くのハリウッド映画に出演しているアジア系の大女優です。

どちらかというとツンツンした役が多いイメージのルーシーですが、本作ではツンツンしたワーカーホリック上司からデレデレ恋愛モードまでのギャップが超かわいいです。(後半はほとんど中高生の恋愛どっぷり女子みたいな感じになります)

ルーシーってクールだけじゃなくてキュートも可愛いんですよね。今更ながらグっときました。

ちなみにパーカー演じるゾーイ・ドゥイッチの母はリー・トンプソン。ジョーズやバック・トゥ・ザ・フューチャーの母親役などで人気を博した女優さんです。彼女自身はかなり若いながら、ちょこちょことドラマにゲスト出演しているので、いつヒットしてもおかしくない女優さんです。

In desperate need of a break from the office, two beleaguered assistants team up to trick their workaholic bosses into falling in love.