ラブロマンス映画『オフィーリア』主人公を演じるのはスター・ウォーズのレイ!あらすじをネタバレ少なめにレビュー

NETFLIX(ネットフリックス)で配信中の映画「オフィーリア(2018)」は、シェイクスピアのハムレットを原作としたラブロマンス映画です!

主人公のオフィーリアを演じるのは、なんとスターウォーズシリーズの新三部作で主人公のレイを演じたデイジー・リドリー。

彼女の姿をみて気になっていた人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は「オフィーリア」のあらすじやみどころをネタバレ少なめにご紹介します。

 
吉宝

「オフィーリア」のあらすじ

主人公のオフィーリアは、身分としては平民ですが、デンマーク王妃の侍女として仕えています。

そんな彼女が恋をするのは、大学から帰ってきた王子のハムレット。二人の中はドンドン進展していきます。

同時期にデンマーク王が急死してしまうのですが、王の弟であったクローディアスが王位に付き、先王の妻でありハムレットの母であるガートルードを妻に迎えます。

しかしデンマーク王の死因が、なんとクローディアスによる毒殺であったと、ハムレットが気づいてしまいます。

そしてクローディアスとハムレットの戦いが始まり、オフィーリアの恋は悲劇に変わっていく…というのが大体のあらすじです。

この作品の主人公はハムレットではなくオフィーリアなので、話の流れが彼女中心で進んでいきます。

本作は、シェイクスピアのハムレットを原作としているのですが、ストーリーはオリジナルの部分が割と多く、原作通りではありません。

そのため、ハムレットの内容を知るのが本作で初めてなら・・・本作を見て「ハムレット」の内容を理解した!と思うのは危険です(笑)

スター・ウォーズのレイがお姫様に

主人公のオフィーリアを演じるデイジー・リドリーは、スター・ウォーズシリーズの新主人公「レイ」を演じるまではほぼ無名の役者さんでした。

それがエピソード9「スカイウォーカーの夜明け」を演じる頃には、有名な役者さんの一人に仲間入り。

最近ではピーターラビットの実写版などにも出演しています。

しかし、ラブロマンス映画でヒロインを演じているのは、本作オフィーリアだけ!!

勿論、アクションシーンなんてないし、おてんばな女の子でもありません。

正直言って本作のオフィーリアは、色気ムンムンな感じではありませんが、「レイを演じていた子が、今度はハムレットのオフィーリア役を・・・」と思って視聴すると、なんだか親戚の子の活躍をみるような気分になれます(笑)

「オフィーリア」まとめ

ということで、「オフィーリア」をまとめると・・・

  • ハムレットを原作にしたラブロマンス映画
  • 主人公は原作ではヒロインのオフィーリア
  • 原作と話の流れが若干違う
  • ・オフィーリア役はスター・ウォーズのレイを演じたデイジー

もしシェイクスピアのハムレットが好きなら、本作は原作を忠実になぞった作品ではないことだけは、知っておいたほうがいいでしょう。

でも、新訳ハムレット、はたまた同人誌ハムレット・・・みたいな感じで見ると、かなり楽しい作品であることは間違いないです!

In this retelling of “Hamlet” from Ophelia’s point of view, the lady-in-waiting’s shared love with Denmark’s prince is ruined by treachery and madness.