ネトフリで『LUPIN/ルパン』のシーズン2が配信決定!シーズン1のあらすじと見どころを復習!

Netflix(ネットフリックス)で配信中のオリジナルドラマ『LUPIN/ルパン』のシーズン2が、いよいよ2021年6月11日から始まります!

かなり評価の高いドラマなのですが、まだ見たことがない人も多いかと思いますので、今回は『LUPIN/ルパン』のあらすじやみどころをネタバレ少なめにレビューしていきます!

スポンサーリンク

『LUPIN/ルパン』のあらすじ

あるところにアサン・ディオプという男がいました。

ディオプは現在、ルーブル美術館の清掃員をしていますが、実は街のゴロツキに借金がありました。

そんなディオプには別れた妻と子供がいるのですが、彼らとは良好な関係を保っていました。

20年以上前、幼き日のディオプは、父であるババカールと二人暮らしでした。

ババカールは、富豪ペレグリニ家の運転手をしていましたが、当主のペレグリニは彼の妻の手を焼くほどの傲慢ぶりでした。

ある時、ペレグリニが所有していた『マリー・アントワネットの首飾り(女王の首飾り)』が盗まれてしまいます。

ペレグリニは、ババカールが犯人だと言い、ババカールは投獄され、獄中で自殺してしまいます。

皮肉にも、現在のルーブル美術館の目玉はその『マリー・アントワネットの首飾り(女王の首飾り)』だったのでした。

ペレグリニ曰く、十数年かけて取り戻したのだそうです。

ある日、ディオプはゴロツキどもに『マリー・アントワネットの首飾り(女王の首飾り)』を盗むプランを提案します。

表向きは借金を返すためですが、父の無実を証明すること、ペレグリニに復讐することが目的だったのでした・・・。

なぜルパンという題名なのか

ディオプは幼い頃、小説「怪盗ルパン」を父からプレゼントされて以来、この物語の虜になっていました。

そして現在のディオプは、アルセーヌ・ルパンのようなスマートな手法で、『マリー・アントワネットの首飾り(女王の首飾り)』を盗み出し、警察とペレグリニの追跡をかいくぐりながら、復讐計画をすすめています。

このドラマの面白いところは、主人公がルパンなのではなく、ルパンのように振る舞う黒人男性であるということです。

そしてディオプを追う人物の中で唯一人、警察官のゲディラは首飾り盗難事件の犯人がアルセーヌ・ルパンを模倣しているということに気づきます。

ディオプはルパンを最後まで演じきれるのか、ルパンを模倣していることがアダになるのか? ぜひドラマをみて確認してみてください!

『LUPIN/ルパン』まとめ

ということで『LUPIN/ルパン』をまとめると・・・

  • ネットフリックスのオリジナルドラマ
  • アルセーヌ・ルパンを模倣して盗みを働く男が主人公
  • 主人公の復讐計画は成功するのか!?

『LUPIN/ルパン』は割とコンパクトに纏められたドラマで、シーズン1は全5話しかありません。

割と簡単にイッキ見できるので、暇な週末の夜におすすめです!

Lupin | Netflix Official Site
Inspired by the adventures of Arsène Lupin, gentleman thief Assane Diop sets out to avenge his father for an injustice inflicted by a wealthy family.

コメント

タイトルとURLをコピーしました