最新!Netflixのオリジナルコンテンツ配信一覧

オリジナルコンテンツの製作で話題を呼んでいるNetflix。そのコンテンツ数は膨大で、欧米ではネット上で「今週末見ておきたいNetflix、TOP50」といったように、随時情報が更新されています。

それでは、人気作品のほかにどのようなコンテンツがあるのか、一覧を見ていきましょう。

 

【ドラマ】

“Lilyhammer” (2012年~) -コメディドラマ
『ハウス・オブ・カード 野望の階段(原題:”House ofCards”)』(2013年~)-政治ドラマ
“Hemlock Grove “(2013年~) -ホラー、スリラー
“Orange Is the New Black” (2013年~)-コメディドラマ
“Marco Polo” (2014年~) -歴史ドラマ

【コメディ】

“BoJack Horseman” (2014年~)-成人向けアニメーション

【シリーズもの】

“The Problem Solverz” (season 2; 2013年) -アニメーション
『アレステッド・ディベロプメント(原題:”ArrestedDevelopment”』 (season 4; 2013年) -コメディ
“The Killing” (season 4; 2014年) -犯罪ドラマ
“Star Wars: The Clone Wars” (season 6; 2014年) -アニメーション
“Trailer Park Boys” (season 8; 2014年)-モックメンタリー(ドキュメンタリーにフィクションを加えたもの)

【子ども番組】

“Turbo FAST” (2013年~) -アニメーション
“VeggieTales in the House” (2014年~)-アニメーション
“All Hail King Julien” (2014年~)-アニメーション
“The Adventures of Puss in Boots” (2015年~)-アニメーション

【特番、ミニシリーズ】

“Bill Burr “You People Are All The Same”(2012年)-スタンダップコメディ
“Moshe Kasher: Live in Oakland”(2012年)-スタンダップコメディ
“Fat Man Little Boy” (2013年)-スタンダップコメディ
“Brian Posehn: The Fartist” (2013年)-スタンダップコメディ
“Craig Ferguson: I’m Here To Help”(2013年)-スタンダップコメディ
“John Hodgman: Ragnarok”(2013年)-スタンダップコメディ
“Rob Schneider: Soy Sauce and the Holocaust”(2013年)-スタンダップコメディ
“Mike Birbiglia: My Girlfriend’s (2013年)-スタンダップコメディ
“Doug Stanhope: Beer Hall Putsch”(2013年)-スタンダップコメディ
“John Caparulo: Come Inside Me”(2013年)-スタンダップコメディ
“Marc Maron: Thinky Pain”(2013年)-スタンダップコメディ
“Russell Peters: Notorious”(2013年)-スタンダップコメディ
“Russell Peters Vs The World”(2013年)-ドキュメンタリー(ミニシリーズ)
“Aziz Ansari: Buried Alive”(2013年)-スタンダップコメディ
“Trailer Park Boys Live In F**kin´ Dublin”(2014年)-モックメンタリー
“Jim Jeffries: Bare”(2014年)-スタンダップコメディ
“Trailer Park Boys Swearnet Live”(2014年)-モックメンタリー
“Bill Burr: I’m Sorry You Feel That Way”(2014年)-スタンダップコメディ
“Nick Offerman: American Ham”(2014年)-スタンダップコメディ
“Bojack Horseman Christmas Special: Sabrina’s Christmas Wish”(2014年)-成人向けアニメーション
“Iliza Shlesinger: Freezing Hot”(2015年)-スタンダップコメディ

【映画】

“Art of Conflict”(2012年)-ドキュメンタリー
“The Zen of Bennett”(2012年)-ドキュメンタリー
“Shotgun Wedding”(2013年)-コメディ
“House of Bodies”(2013年)-アクション
“Percentage”(2013年)-アクション
“HANK: 5 Years From The Brink”(2013年)-ドキュメンタリー
“The Square”(2014年)-ドキュメンタリー
“Mitt”(2014年)-ドキュメンタリー
“The Fabulous Ice Age”(2014年)-ドキュメンタリー
“The Lady in Number 6″(2014年)-ドキュメンタリー
“Brave Miss World”(2014年)-ドキュメンタリー
“This is Not a Ball”(2014年)-ドキュメンタリー
“The Battered Bastards of Baseball”(2014年)-ドキュメンタリー
“Mission Blue”(2014年)-ドキュメンタリー
“Print the Legend”(2014年)-ドキュメンタリー
“E-Team”(2014年)-ドキュメンタリー
“Virunga”(2014年)-ドキュメンタリー
“Ever After High: Spring Unsprung”(2015年)-アニメーション

さあ、いかがでしょうか。数の多さに圧倒されますよね!
さらに2015年以降も製作予定の番組や映画が何十本と決定しています。これからますます磨きがかかり、内容も充実していくことでしょう。

ざっと見てみて、独自性を追求した番組や映画が多いのに気づかれた方もいるのでは。
子ども番組では、あのDreamWorksが手がける映画”Turbo”にもとづいたスピンオフ的番組”Turbo FAST”を手がけています。実は日本でも既にAndroidアプリゲーム『Turbo FAST』として登場してるんですよ!ひと足早く、その世界観を味わえるチャンスかもしれませんね。

次に映画作品を見てみましょう。劇場での公開は興行収入の面で難しい、ドキュメンタリー作品が多いです。
さらに、「さすが海外の作品!」と感じさせられるのが、スタンダップコメディの特番の数々。2015年秋に予定されているNetflixの日本進出。
「日本独自のお笑い番組も製作してくれるのかな?」と期待してしまいますね。

今後、これらの中でも特に人気のある番組をピックアップして、より詳しくお伝えしていきます。お楽しみに!

(参考)DreamWorks Animation To Produce First Netflix Original Series For Kids

Turbo FAST – “Action Invasion” トレーラー