映画『ジョン・ウィック』キアヌを怒らせた悪い奴は全員死刑に処す!

どうも最近の映画って、「痛快なアクション」が少なくなっていませんか?

「主人公に戦うことへの葛藤を……」とか、「敵側にも泣かせるエピソードを差し込で……」とか。

そういったエモーショナルなアクション映画を好む人もいらっしゃるでしょう。

実際に面白い作品もありますからね。

でも、で~~~も、80年代から90年代にかけて隆盛を誇った、アーノルド・シュワルツェネッガーやシルヴェスター・スタローンが主人公の、あの痛快アクションが足りない!

そんなあなたに贈りたいのが、Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画『ジョン・ウィック』です。

傑作映画『マトリックス』で主役を務め、誰もが認める世界的なスターとなったキアヌ・リーヴスが、時代に逆行する素敵な痛快ガンアクションで魅了します!

 

『ジョン・ウィック』ってどんな映画?

TMN_8943.NEF

伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は闇社会から足を洗い、妻が遺した愛車と愛犬とともに慎ましい生活を送っていた。

ところが、その平穏な暮らしがロシアン・マフィアによって突然奪われる。

怒りに心を支配された彼は、封印していた殺しのスキルを再びよみがえらせ、マフィアどもに復讐を誓う……

『マトリックス』でキアヌのスタントを勤めたチャド・スタエルスキがメガホンを撮り、熟練のアクション職人たちがふたたび集結。

銃撃と柔術を組み合わせた新銃術「ガンフー」による、スピーディーなアクションが見どころとなっています。

何よりもストーリーが単純明快。

「俺の大切なものを奪った奴ら、全員死刑に処す!」

これだけ!だから面白い!!

芸術的でありながら実践的、ガンフー

本作のアクションの肝となる、ガン&カンフーアクションの「ガンフー」。

キアヌの長い手足から繰り出される、まるで舞踏のようなグラップル(掴み)からのシュート(射撃)の一連の流れは、芸術的で実践的。

すべては練り上げられた型によるもので、スローモーションや目まぐるしいカットで重量感やスピード感を盛った昨今のアクションとは一線を画しています。

さらに、バックで流れるヘヴィーでダークでエロティックな音楽がアクションに華を添えます。

ストーリー?そんなモン関係ねえよ!

先ほど触れたように、ストーリーは至極明解。

「愛犬と愛車を奪ったやつ、全員ぶっ殺す」

それなのにこの作品に引き込まれるのは、アクションがストーリーを形作っているからなんです。

余計な人物描写やお涙頂戴はいらない。

「悪いやつはジョン・ウィックに撃たれて死ぬ」。

アクションは脚本以上に雄弁にストーリーを語るのです。

まとめ

本作の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』が2017年の7月に公開されました。

『1』のアクションをさらに進化させ、よりフェティッシュな味わいがあります。

キアヌ・リーヴスが新たに築き上げる伝説、見逃せないですよ!

『ジョン・ウィック』ティザー