吉沢亮がイケメン暗殺者に!『GIVER 復讐の贈与者』は現代版の必殺仕事人だった!?

Netflix(ネットフリックス)で配信中の『GIVER 復讐の贈与者』は、同名の小説を原作としたTVドラマです。

2018年にテレビ東京系列で深夜ドラマとして配信されており、主演を吉沢亮が勤めていました。

今回はそんな『GIVER 復讐の贈与者』のあらすじやみどころをネタバレ少なめにご紹介します!

スポンサーリンク

『GIVER 復讐の贈与者』のあらすじ

義波(吉沢亮)は、サポーターという復讐代行組織で働くメンバーの一人です。

サポーターは復讐代行を依頼されたターゲットに近づき、文字通り復讐をしたり、殺したり・・・。

義波はGIVERの当て字であり、本名ではありません。

彼には人間の心が欠落しており、両親が殺し屋という複雑な家庭で育っていますが、暗殺術は超一流。

両親は既に殺されており、その復讐をしようとした姉も殺されてしまっています。

サポーターを統率しているのは、テイカー(森川葵)という少女。

彼女が依頼を確認、引き受けるかを吟味し、義波たちに作戦実行を指示します。

彼女の過去は謎に包まれていますが、車椅子生活を余儀なくされており、実行部隊に加わる事は殆どありません。

物語では多くの依頼者が登場し、彼らに復讐代行を願うのですが・・・というのが大体のあらすじです。

内容としては時代劇の「必殺仕事人」みたいなもので、調子に乗っている悪者がサポーターに裁かれるのを楽しむドラマとなっています。

ちなみにサポーターにはバンクという敵組織があり、ドラマの後半ではバンクとの攻防がメインとなっています。

原作との違い

原作の小説は全3巻です。ドラマ版が放映開始したころにはすでに完結していたのですが、いくつかの設定が異なっています。

原作では立案者(プランナー)という中学生がいます。テイカーが引き受けた依頼の実行計画を考える人物で、サポーターに加入する前は、スクールセイバーと名乗って、学校の裏サイトに書き込まれていた依頼を引き受けていました。

しかしドラマ版ではプランナーは登場しません。また主人公である義波の過去も原作とは違っています。

まとめ

ということで『GIVER 復讐の贈与者』をまとめると・・・

  • 原作は同名の小説で全3巻
  • 復讐を代行する闇組織のドラマ。必殺仕事人に近い。
  • ドラマ版はいくつかの登場人物、設定が違う

物語のテイストは、必殺仕事人と同様、気持ちのいいスカっとするドラマではなく、ダーティーでダークな殺し合いの物語です。

さすがテレビ東京の深夜ドラマ(笑)

イケメン暗殺者を堪能したい方は、ぜひネットフリックスで視聴してみてください!

Giver: Revenge's Giver | Netflix
An emotionless young man gets recruited to work for an unscrupulous revenge-for-hire organization run by a mysterious woman known as Taker.

コメント