Netflixで観れる『2018年6月に配信された』おすすめ映画5選!【第2弾】

今回は、Netflix(ネットフリックス)で6月に配信されたおすすめの映画をご紹介します。

今年2月公開の『グレイテスト・ショーマン』で圧倒的な歌声と演技力を披露したザック・エフロンが挑んだコメディや、イギリス発の軍隊アクションスリラーなど気になる作品をチェックしよう!

 

『2018年6月に配信された』おすすめ映画5選!

「ダーティ・グランパ」

はじめにご紹介するのは、ザック・エフロンが主演したヒューマン・コメディ。

結婚を間近に控えた弁護士ジェイソンが(ザック・エフロン)が、祖母が亡くなり落ち込んでいる祖父ディックのお頼みで一緒に旅行へ出かけるのですが、久しぶりの独身生活にハメを外しまくりでハチャメチャな祖父に翻弄されることになり…というお話です。

問題の祖父を演じているのはなんと名優ロバート・デ・ニーロで、そんな彼が美女をナンパしたり、朝から酒を飲んだりと、とにかくやりたい放題!

ジェイソンの結婚やキャリアにヒビが入ってしまいかねないほどである祖父の暴走ぶりにも注目です!

若手実力派と名優の異色コンビもバッチリ!?

As his wedding approaches, a stuffy lawyer endures a road trip with his newly widowed grandfather, who turns out to be a man of surprising appetites.

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」

数多くの作品で凄まじい演技力を魅せてきたオスカー女優ジュリアンムーアが主演し、アカデミー賞ドキュメンタリー映画賞(第80回)に輝いた短編を元に描いたヒューマンドラマ。

年齢も環境も違うのに惹かれあったベテラン刑事ローレン(ジュリアン・ムーア)とステイシー(エレン・ペイジ)は家を購入して同棲をスタートさせるのですが、ある日ローレンの寿命はあと半年だと判明します。

ステイシーに遺族年金の受取人になってもらおうとするも、そこには大きな問題が…。

当時、同性愛パートナーでは認められていなかった“遺族年金制度問題”について闘うレズビアン・カップルのお話ですが、本作でのジュリアンの演技はまさにメリル・ストリープ級!

When detective Laurel is diagnosed with cancer, she faces a historic legal battle to transfer her pension benefits to her domestic partner, Stacie.

「DOPE/ドープ!!」

LA屈指の犯罪地区で暮らすマルコムは、名門大学を目指すヒップホップオタクの高校生。

そんな彼が、あるドラッグディーラーの誕生日パーティに参加したことをきっかけに、思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまう…という青春コメディとなってます。

90年代を彷彿とする陽気なヒップホップソングやメッセージ性の強いストーリーも魅力!

製作と本作ナレーションを『フォーン・ブース』などの実力派フォレスト・ウィテカー、ヒット曲『Happy』で有名な歌手ファレル・ウィリアムズが製作総指揮と楽曲を手がけていることにも驚きです!

A studious teen trying to survive in a rough L.A. neighborhood accepts an invitation to an underground party and begins a life-changing adventure.

「フィスト・ファイト」

気弱な高校教師が、ひょんなことから学校一恐ろしいとされている同僚の鬼教師をブチギレさせてしまい、殴り合いの喧嘩で決着をつけるハメに。

さらにそのことが学校中に噂で広まってしまい…という学園を舞台にしたコメディ。

コメディとアクションの両方で活躍する黒人俳優アイス・キューブが、彼以外にこの役の適任者がいないというくらい鬼教師を見事に好演してます!

“超強面の歴史教師VS超気弱な国語教師のガチンコ対決”というストーリーはすでに結末が見えてるかと思いますが、後半から徐々に覚醒していく気弱教師にも大注目です!!

When a passive high school English teacher inadvertently enrages his irritable colleague, the two square off for an old-fashioned brawl.

「インビジブル・エネミー/Belly of the Bulldog」

最後にご紹介するのは、『キル・リスト』『ハイ・ライズ』などで知られるベン・ウィートリーが手掛けた、イギリス発のアクションスリラー。

傭兵部隊が突如正体不明の“見えない敵”に追い詰められてしまい、廃棄された戦車を見つけてやっとの思いで避難するも、そこでもさらなる恐怖が待ち受けていて…というお話。

戦争映画というよりはホラー・スリラーよりの映画となってます!

姿が見えないのにそこにいるという、見えない敵と奮闘する様子は非常に緊張感があり、そういった意味では『プレデター』を観ているような気持ちにさせてくれる作品です!

Running for their lives, a desperate group of mercenaries take shelter in an abandoned tank, not knowing that the terror is only just beginning.

まとめ

実力派が共演したコメディやヒューマンドラマ、世界的ミュージシャンが手掛けた青春コメディなど、6月も気になる作品が盛りだくさんですね!

どれも映画好きの方にはたまらない作品なので、よかったらチェックしてみてください!