大人も子供も泣けるファンタジーアニメ!「ブレイブ・ストーリー」名曲と共にあの感動をもう一度!

Netflix(ネットフリックス)は、TVアニメシリーズもアニメーション映画もとにかく品揃えが豊富!

Netflixではオリジナルアニメ『悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア』など注目の作品が数多く配信されておりますが、アニメーション映画「ブレイブ・ストーリー」は、誰もが一度は観ておくべき作品です!

Aqua Timez(アクアタイムズ)のあの名曲とともに日本中を感動の渦に巻き込んだ傑作。

そんな本作の魅力をご紹介します。

 

「ブレイブ・ストーリー」ってどんな映画?

主人公の亘(ワタル)は、ありふれた生活の中にも幸せを感じている、どこにでもいる小学5年生でした。

しかし、ある日突然父親が昔の恋人とよりを戻し、家を出て行ってしまったことで彼の人生は大きく変わってしまいます。

さらに母親は、父の家出にショックを受け自殺未遂を図ってしまい、11歳のワタルはどん底へと突き落とされてしまいます。

“あまりにもつらい自分の運命を変えたい”と願うワタルは、転校してきた謎めいた少年ミツルに教えてもらった、“運命を変える扉”の中へ飛び込み、想像を超える世界が待っている幻視の異世界(幻界)でファンタジーアドベンチャーを繰り広げます。

ユーモアでファンタジーな異世界

『バッテリー』などで知られる宮部みゆきのベストセラーが原作となっているのですが、彼女はゲーム好きとしても知られており、本作の世界観はまさにRPGの世界を映し出したかのような幻想的な世界です。

そんな世界で自分の運命を変えるため、仲間たちと数々の試練を乗り越えていくストーリーは王道ですが、私たちに向けた本作からの大切なメッセージには、それ以上のものを感じました!

豪華声優陣と個性的なキャラクターたち

キーマという言葉を喋るトカゲや、ワタルと共に旅をすることになる“猫型獣人族”の少女ミーナなど・・・個性的なキャラクターがたくさん登場し、それらキャラクターがワタルを支え、様々な影響を与える存在となっています。

また、主人公ワタルの声優を『アナと雪の女王』でエルサを演じた女優の松たか子が務め、そのほかにもウエンツ瑛士、大泉洋、常磐貴子といった豪華声優陣が顔を揃えていることにも注目です!

人生を変える大冒険を通して成長していくワタル

様々な出会いや冒険を通して、どん底にいたまだ小学生のワタルが、“人生幸せなこともあれば辛いこともある”という残酷な自分の人生を受け入れようとする大人な人間へと成長していく姿にも非常に魅力を感じます。

ミツルも、ワタルと同様に様々な思いを胸に秘めており、“運命を変えたい”という気持ちは同じなのではないでしょうか。

そんな二人が終盤に繰り広げる“自分自身との戦い”にもぜひ注目していただきたいです。

また、辛い人生を体験し何より人生を変えたいワタルが、自分だけの幸せだけでなく、他人の幸せ(他人が望む人生)までを叶えようとする純粋で優しい心に、誰が観ても感動してしまいます!

あの感動を呼び起こす名曲!

もう一つの魅力は、やはり本作の主題歌である“Aqua Timez”の名曲『決意の朝に』。

本作で体験したワタルに起きた様々な出来事、劇場では誰もが涙をこぼしていたラストに待ち受けていた結末。

そういったことを踏まえた上でこの『決意の朝に』を聴くと、何度聞いても映画のストーリーやあの感動が鮮明に蘇ります。

まとめ

自分の運命、大切な友達の運命、窮地に立たされた世界。しかし、変えられるのはたった一つだけ。

ワタルやミツル、世界の運命はどうなってしまうのでしょうか・・・

続きはぜひ本編でお楽しみください!

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の「ブレイブ・ストーリー」。

主題歌も声優もストーリーも素晴らしいです!

すでに本作をご覧になった方も、ぜひあの感動をもう一度味わってみませんか?