「ワイルドなスピード!AHO MISSION」はワイルドスピードの笑撃的なパロティ映画!

NETFLIX(ネットフリックス)で配信中の「ワイルドなスピード!AHO MISSION」はタイトルどおり、ワイルドスピードのパロディ映画です(笑)

今は亡きポール・ウォーカーが演じたブライアンと、ヴィン・ディーゼルが演じるドム役がそれぞれおり、見た目は割と似ているので、ワイルド・スピード好きにはぜひ楽しんでほしいところ。

そこで今回は「ワイルドなスピード!AHO MISSION」のあらすじやみどころをネタバレ少なめにご紹介します。

 

「ワイルドなスピード!AHO MISSION」のあらすじ

あらすじをお話する前に役どころは以下の通り。

 ルーカス: ワイルド・スピードのブライアン(ポール・ウォーカー)

 セレント: スピードのドム(ヴィン・ディーゼル)

ルーカスはおとり捜査で違法レーサーを取り締まろうとしている警官です。しかしレースの代表であるセレントたちと車をかけてレースをするも、負けてしまい証拠が手に入りません。

そこでルーカスはセレントのガレージを訪れ、仲間に入ることにします。原作同様、セレントの娘はルーカスに惚れてしまいます。

セレントには、デ・ラ・ソルというマフィアからの仕事がきて、セレントはルーカスを連れて、デ・ラ・ソルの元に向かいます。

しかしデ・ラ・ソルとは上手く行かず・・・さらには警察たちもセレントを追い始めて…どうするルーカス!?・・・というのが大体のあらすじです。

おバカな車装飾に、おバカな野郎たち、適当にパカパカ銃を売ってくるマフィアにやる気のない警官など、ワイルドスピードを限界までお笑いにかえたような映画ですね!

ドム役はそこそこ、ブライアン役は超おバカ

ドムのパロディ、セレントはおバカ要素もありつつ、そこそこ格好つけるようなシーンが有り、ヴィン・ディーゼルを意識しているのが分かります。

見た目もスキンヘッドでムキムキです!

一方ブライアンのパロディ、ルーカスはおバカ一直線。かっこいいシーンは一切なく、ずっとふざけてます(笑)

今は亡きポール・ウォーカーと比べると見る影もありませんが、パロディ映画の主役なんですから、ある程度目を瞑りましょう。

カーレースシーンも一応有り、原作ほどお金はかかっていませんが、ガンガンぶっ飛ばしますよ!

まとめ

ということで「ワイルドなスピード!AHO MISSION」をまとめると・・・

  • ワイルドスピードのパロディ映画
  • ドムのパロディ役はそこそこ似ている
  • アメリカらしいギャグ満載

ワイルドスピードシリーズの原作は既に8作+1作のスピンオフが公開されており、最新作の「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」は2021年公開予定です。

まだまだ続くワイルドスピード人気にあやかって、パロディ映画も再度登場するかもしれませんね!

An undercover cop joins a gang of illegal street racers in concocting a crazy plan to double-cross a crime lord who hides his cash at a Taco Bell.