ロビン・ウィリアムズの名作「ジュマンジ」が超豪華キャストでついにリメイク決定!?こんなボードゲームがあったら絶対ヤバすぎる! | Netflix日本非公認ファンブログ

ロビン・ウィリアムズの名作「ジュマンジ」が超豪華キャストでついにリメイク決定!?こんなボードゲームがあったら絶対ヤバすぎる!

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「ジュマンジ」は、亡き名俳優ロビン・ウィリアムズが主演した傑作アドベンチャー映画です。

夜の博物館で展示物や模型たちが動き出す「ナイト・ミュージアム」では、馬にまたがるセオドア・ルーズベルトを演じたことでも有名です。

ディズニーの名作アニメーション「アラジン」では、ランプの魔人ジーニーの声優を務め、早口でユーモアに富んだ喋りと圧巻の歌声を披露しました。

1995年公開の「ジュマンジ」は、私が彼を知るきっかけとなった作品でもあり、非常に思い入れのある作品です。

そんな「ジュマンジ」やロビン・ウィリアムズの魅力をご紹介したいと思います。

「ジュマンジ」ってどんな映画?

なぜかおびえた様子である二人の少年が、掘った地面の中に、持っていた木箱を埋めて立ち去ってしまいます。

それから100年の歳月が流れ1969年、ある日、アランという少年が近くの工事現場で地面の中から“ジュマンジ”と書かれたボードゲームを見つけ、ガールフレンドのサラと一緒にゲームを始めてみるのですが、奇想天外な出来事が・・・

日本でも人生ゲームなどのボードゲームがありますが、「ジュマンジ」は、サイコロを振って書かれている内容が現実に起こってしまうという呪われたゲームであり、それは、100年前少年たちによって封印された、決して開けてはいけないボードゲームだったのです。

絡み合う複雑なルールと時系列が魅力!

このゲームは、一旦ゲーム始めてしまったら、誰かがゴールして『ジュマンジ』と言わなければ永遠にゲームが終了しないというルールがあり、アランが幼い頃にサラと始めたボードゲームで、あることをきっかけに、アランはゲームの世界であるジャングルに閉じ込められてしまっているのです。

メインストーリーは、さらに26年経った1995年が舞台となり、売りに出せれたアランの家に引っ越してきたシェパード姉弟が、ボードゲームを見つけてゲームを再開させ、変わり果て大人になったアラン、引きこもりになってしまっていたサラの4人で、ゲームを終了させるために、動物の大群衆や殺し屋のスナイパーなど様々な恐ろしい出来事に立ち向かっていくのです。

アランの幼少期のプロローグと全てが終わった後のエピローグが、深く繋がっていることも今作の大きな魅力です!

Netflixで観れるロビン・ウィリアムズ出演作品

スピルバーグ監督が手掛けた90年代の名作映画、前代未聞の設定で実写版『ピーター・パン』を描いた「フック」。

音楽の才能を持った孤児の子供が、音楽に導かれるまま、両親を探す旅へと出る感動作「奇跡のシンフォニー」。

ホワイトハウスで歴代7人の大統領に使えた執事の生涯を描いた「大統領執事の涙」。

一家の絆を取り戻すために、巨大なRV車でロッキー山脈を目指した家族に、次々とハプニングが襲いかかるコメディ・アドベンチャー「RV」。

人間が苦手な研究者が、慢性神経医として容院に雇われ、何十年も前進しない病状に試行錯誤する先生と、30年ぶりに目を覚ました患者の、実話に基づく感動の友情物語を描いた「レナードの朝」。

などのように、Netflix(ネットフリックス)にはロビン・ウィリアムズが出演する名作が他にもまだまだあり、どれもオススメの映画です!

また、宇宙が舞台となる「ジュマンジ」の第2弾にあたる映画「ザスーラ」もオススメで、こちらもご視聴いただけます!

名作「ジュマンジ」が人気俳優によってリメイク!

1995年公開の本作品「ジュマンジ」のリメイク版公開も決定しております!

主演は「センター・オブ・ジ・アース2」や「ワイルド・スピード」シリーズなどの人気俳優ドウェイン・ジョンソンが務め、他にもコメディスターのジャック・ブラックやケビン・ハートが登場するということもあり、今から原作映画を何度も見たくなってしまう映画です!