「ウォーキングデッド」のパクリドラマ「Zネーション」は本家より面白いと話題騒然!?

「Zネーション」はゾンビウィルスの蔓延によって崩壊した世界が舞台のサバイバル系ホラードラマ。

ぶっちゃけウォーキングデッドとそっくりの設定です(笑)

今回はそんなZネーションの面白さやウォーキングデッドとの違いや比較をご紹介したいと思います!

 

Zネーションってどんなドラマ?

Zネーションではゾンビウィルスの驚異にさらされた世界において、唯一(?)抗体をもつ男を研究所まで護送しようというお話。

ミッションが成功すればワクチンを生成できるので、世界を救えるぞ!という明確なゴールがあります!

ウォーキングデッドの方は、なんでゾンビウィルスが流行ったのかもわからないし、世界を救えるなんていう輝かしいゴールもないので、話の暗さが違います。

またZネーションはシリアスシーンだけでなくコメディ要素も強いし、根底に1本のストーリーがあるものの1話完結に近いお話です。

ということで、Zネーションはウォーキングデッドにオバカ要素を加えて、見やすくしたようなドラマと言えますね!!

Zネーションは狙ったB級ホラー

Zネーションを実際に見てみるとわかりますが、あんまり緊張感のないシーンがけっこう多いです・・・。

ゾンビが出てきたって、深刻に慌てることも少ないし、ゾンビ自体もバカっぽいヤツが多いんです。

こういった娯楽要素はB級ホラーともいえますが、ある意味では、気軽に楽しめる作品ともいえます。

Zネーションはどう考えてもウォーキングデッドを参考にしたドラマですが、ウォーキングデッドをなぞるのではなく、ウォーキングデッドを弄り倒して別のゾンビ系エンターテイメントに仕上げているんです!

アメリカにとっての「ゾンビ」がよく分かる

アメリカ人が大好きなゾンビ。

ゾンビは人間の形をしているけれど、「元は人間」「噛まれたら自分もゾンビ」「基本は頭が悪くてノロマ」というルールさえ守れば、どういじっても良い存在なのでしょう。

Zネーションはまさにこのルールに則って、ゾンビで好き放題に遊んでいます。

元は人間であっても、今はモンスターなので「どんなふうにブッ◯してもOK!」といわんばかりに、あの手この手で遊ぶかのように撃退されてしまいます。

そんな演出を笑って見れる人におすすめの作品で、ウォーキングデッドのようなシリアス路線を求める人には向いていないかもしれません。

でも個人的にはシリアスドラマを見続けると疲れてしまうので、こういったオバカなドラマもたまには良いんじゃないでしょうか!?

ウォーキングデッドが好きな方も、ウォーキングデッドのオバカバージョンとして見れば面白いと思いますよ!

ちなみにウォーキングデッドもZネーションもどちらともnetflix(ネットフリックス)で視聴可能です!

どちらも見ていないゾンビ好きはnetflixで見ちゃいましょう!

A team embarks on a perilous cross-country mission to transport the one man who survived a deadly zombie virus, hoping he holds the key to a vaccine.
In the wake of a zombie apocalypse, survivors hold on to the hope of humanity by banding together to wage a fight for their own survival.