アダム・サンドラー×Netflixの第1弾〜第4弾作品をご紹介!特に「リディキュラス6」はキャストが豪華なのに色々とヤバかった!?

今回メインでご紹介するのは、人気コメディ俳優アダム・サンドラーが主演する、西部劇×コメディのNetflixオリジナル作品「リディキュラス6」。

有名ハリウッドスターとNetflixが組んだ作品といえば、ブラッド・ピット主演作『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』や、2017年12月に公開のウィル・スミス主演作『ブライト』など話題の作品が盛り沢山ですが、本作品もサンドラーらしさが全開の痛快コメディとなっております!

そんな本作の魅力や、話題のアダム・サンドラー作品とは…!?

 

本作に登場するヤツらはとにかく超豪華俳優揃い!だけど・・・

ざっくりにいうと、腹違いの兄弟たちが父親を救うために繰り広げる西武のドタバタ劇です。

出演者は、スティーヴ ・プシェミ、テリー・クルーズ、ホルヘ・ガルシア、ジュリア・ジョーンズ、ダニー・トレホ、デヴィッド・スペード・・・といった挙げきれないほどの豪華な面々。

とにかく濃いキャラが多いのですが、その中でも特に衝撃的で痛快だったヤバすぎるキャラクターが、『トワイライト』シリーズのジェイコブ役で有名なテイラー・ロートナー!

クールで優しく一途な青年というイメージが強く、主演のロバート・パティンソンよりも世界中の女性たちがテイラーに夢中になっていたほどのイケメン俳優であるにも関わらず、本作では「ボロボロのカーボーイハットに間抜けヅラ、おまけにすきっ歯」という仰天キャラ。

世界中が驚愕した『ムービー43』にも出演できたのではないかと思うくらいの体当たり演技で、彼を一目見るだけでも観る価値があります!(笑)

アダム・サンドラー×Netflixオリジナル作品

アダム・サンドラーといえば、映画『50回目のファースト・キス』『アダルトボーイズ青春白書』『ピクセル』などで有名ですよね。

今ではコメディ・ラブコメ界のトップに君臨しているほどの人気俳優ですが、元コメディアンとしての才能を活かして、自身が出演する作品の製作・脚本などもこなしてしまう才人としても知られています。

そんなサンドラーの映画制作会社(ハッピー・マディソン・プロダクションズ)がNetflixと手を組んだ第1弾が本作「リディキュラス6」なのですが、他にも彼が主演を務めた映画が3本製作されており、サンドラーらしい笑いや感動を届けてくれた作品で、どれも必見の映画となってます!

【アダム・サンドラー×ネトフリ】その他作品もおすすめ!

・第2弾『ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら』は…A・サンドラーとデヴィッド・スペードがタッグを組んだ作品で、銀行員の支店長とその親友が名前も変えて新たな人生をスタートさせるという、第二の人生ストーリーが描かれます。

ドタバタ劇、下ネタ、そこら中に散りばめられている爆笑要素というように、サクッと見れるスナック映画には最高の逸品です!

・第3弾『サンディ・ウェクスラー』は…サンドラーがスターの原石を発掘する芸能マネージャー(サンディ・ウェクスラー)に扮しており、笑いあり・涙あり・感動ありの王道要素に、彼にしか持っていない魅力をたくさん詰め込んだ作品です。

良い作品なのですが、あまり似合っていない大きなメガネを掛けた姿に何度もぷぷっとしてしまいます(笑)

・第4弾…『マイヤーウィッツ家の人々』は、家族の絆を描いたホームコメディで、『ナイト・ミュージアム』のベン・スティラー、『レインマン』の名優ダスティン・ホフマン、実写版『美女と野獣』オスカー・ノミネート常連の実力派女優エマ・トンプソンが共演。

さらに、本人役で登場する『エイリアン』シリーズのシガーニー・ウィーバー、『SW/フォースの覚醒』で大ブレイク中のアダム・ドライバーといった豪華キャストたちが意外と集結しています!

まとめ

アダム・サンドラーは、「これからもNetflixと素晴らしい映画を作り、世界中に届けていきたい!」と意気込んでいるので、次なる作品も楽しみですね!

彼のコメディ映画は、他のコメディと比べて質がワンランク上なのも魅力です!

あまりオリジナル作品をご覧になったことがない方も、これからのオリジナル作品は要チェックですよ〜!

When his outlaw dad is kidnapped, Tommy White Knife Stockburn sets off across the West on a rescue mission with five brothers he never knew he had.