「メダリオン」はジャッキーチェン生誕50周年 記念作品!中年ジャッキーのカンフーが唸る!美女のヒロインも注目!

NETFLIX(ネットフリックス)で公開中の「メダリオン」は2003年公開、ジャッキー・チェン主演のカンフーアクション映画。

撮影当時、40代後半だったジャッキーは経験と体力が絶妙にマッチしており、カンフーもキレッキレです!

そこで今回はメダリオンのあらずじやみどころをネタバレ少なめにレビューしていきます!

「メダリオン」のあらすじ

古代中国から伝わる伝説のメダルには、死者を蘇らせたり、超人的なパワーを宿らせることが出来るといわれており、闇の組織スネークヘッドはメダルを巡って暗躍していました。

エディ(ジャッキー・チェン)は、そんなスネークヘッドを追うインターポールの刑事だったのですが、スネークヘッドの罠にハマり、死んでしまいます。

しかしメダルの力によって蘇り、恋人のニコル、相棒のアーサーとともにスネークヘッドに戦いを挑んで・・・というのが大体のあらすじ。

製作は香港・アメリカの合作となっており、ジャッキーのカンフーにVFXのエフェクトが加わって、非常に派手な演出となっています!

The Medallion clip (2003)

2000年代前半といえば、ジャッキーはラッシュアワーシリーズやポリス・ストーリーのリバイバル作品の製作で忙しかった頃。現在は既に60歳を超えていますが、当時は40代後半ということもあり、かなりイケイケなジャッキーを楽しめます!

ちなみに日本ではジャッキー生誕50周年&50作品目という触れ込みで劇場公開されました。

ストーリーよりジャッキーを見よ!

正直言って、メダリオンのストーリーはかなり軽め。ジャッキー映画でいえば「タキシード」や「ダブル・ミッション」くらい軽く、「メダリオンをみて感動して涙が出た!」という人は少ないかも。

メダリオンのみどころは、ジャッキーのカンフーとVFXの融合なので、アクションシーンに期待して視聴するのが正解かと思います。

ヒロインは「ジョー・ブラックによろしく」女優

本作「メダリオン」のヒロインは、「ジョー・ブラックによろしく」でブラット・ピットの恋人役を演じ、一躍スターダムにのし上がったクレア・ラフォーニ。

最近ではCSIシリーズやHawaii Five-0(ハワイ・ファイブ・オー)などの海外ドラマでもよく見かける、とびきり美人な女優さんです!

アメリカの資本が入ったジャッキー映画では、ヒロインがハリウッド女優になることが多いですが、本作はその中でもなかなかの美人セレクトだと思います!

まとめ

ということで「メダリオン」をまとめると・・・

  • ジャッキーの40代最後のカンフー映画
  • ストーリーはかなり薄め
  • ヒロインは「ジョー・ブラックによろしく」でヒロインを演じたクレア・ラフォーニ

60代になった現在も精力的にアクション映画に出演するジャッキーですが、メダリオン撮影当時のジャッキーは40代後半。肉体の衰えを感じさせないカンフーを楽しむことが出来るでしょう!

金曜ロードショーなどでジャッキー映画を見ていた人には、日本語吹き替え版で見ることをおすすめします(笑)

Killed in the line of duty, an immigration officer continues his fight against smugglers from the grave in this supernatural martial arts adventure.