映画「サバイバー」猶予3日で100万人を救えるのか!?映画界最強のふたりが夢の共演を果たしたサスペンス・アクション超大作!

11月にNetflix(ネットフリックス)で配信された映画といえば、近未来SF『リジェネレーション』や南米発のNetflixオリジナル作品『荒野の殺し屋』など気になる作品が盛りだくさんですが、そんな中大注目である作品が、『ニンジャ・アサシン』や『Vフォー・ヴェンデッタ』の監督が贈る本作『サバイバー』。

怖いもの知らずで“とにかく強い”というイメージが非常に強い二人が火花を散らす、誰もが夢中になること間違いなしの豪華共演サスペンス・アクションです!

今回は、そんな本作の魅力をご紹介したいと思います。

 

最強の女と最強の男が繰り広げるサスペンス・アクション!

本作で主人公に扮するのは、世界一のアクション女優ミラ・ジョボビッチ。

大人気ゾンビ映画『バイオ・ハザード』シリーズで世界的に知られる彼女は、シリーズではどんな天敵にも、ありえない数のゾンビにも屈することなく爽快でハードなアクションを魅せてくれました!

そしてもう一人のメインキャストは、『007』シリーズの5代目ジェームズ・ボンドとして有名なピアース・ブロスナン。

甘いマスクにプレイボーイなボンドはまさにはまり役で、女性やボンドガールたちにはやや押され気味であったことも魅力の一つですよね!

現在ではさらに渋カッコよくなったピアースが初の悪役に挑み、ミラ・ジョボビッチ相手に拳銃を握り、どんな戦いを繰り広げるのでしょうか!

「サバイバー」ってどんな映画?

ミラ・ジョボビッチが演じる主人公ケイトは、ロンドンにあるアメリカ大使館へ派遣された超エリート外交官で、危機管理専門家の女性です。

ニューイヤーズ・イヴに向けて世界が盛り上がる中、今回彼女が任された任務は、アメリカへの不法入国を狙うテロの組織を事前に阻止すること!

そんなある日、不審人物をいち早く察知するも、爆破テロの巻き添えを食うことになった上に、その犯人として仕立て上げられ、アメリカ国家・MI-5・イギリス警察、そしてテロの首謀者(ピアース)から追われるハメになってしまうことに。

さらに悪夢はそれだけに止まらず、より大規模なテロ計画が待ち受けていたのです・・・

巨大な陰謀による爆破テロ!たった一人で100万人を救えるのか!?

アクション超大作なだけあって序盤から勢いのある展開と、ハラハラの逃走劇は見応えがありますが、これはほんの序の口で第一の事件だけでは収まらないということです!

ケイトが逃亡を図りながらも、今度は“大晦日に100万人以上の人々が集うNYタイムズスクエアで爆破テロが起こる”ことを知り、指名手配で厳重警戒されながらも、たった一人で人々を救うことができるのか!?というのが本題であり最大の見どころとなっています!

また、本作で殺し屋を演じるブロスナンは意外と敵役もハマり役で、表情一つ変えずに迫ってくる威圧感は素晴らしかったです!

まとめ

アクション映画を極めたミラ・ジョボビッチとピアース・ブロスナン共演の「サバイバー」。

たとえNYタイムズスクエアのような場所でも、“いつどこでテロの標的にされてしまうのか分からない”という危機感を常に抱いているアメリカらしい作品でした。

サスペンス・アクション好きの方や、『バイオ・ハザード』『007』シリーズファンの方であるなら十分楽しめる内容になっておりますが、ボンドVSアリスの壮絶な攻防戦だけでも観る価値があると言えるでしょう!

絶対に敵に回してはいけない最強の男をケイトはどう対処していくのか。巨大都市で大勢の命を救うことはできるのか!?

9・11のような悪夢が再び起きてしまうのか・・・!?

気になる続きはぜひ本編で!「サバイバー」はNetflixで絶賛配信中です!