Netflixで観れる『実話に基づくノンフィクション』映画5選!

今年、クリストファー・ノーラン監督の戦争映画『ダンケルク』や、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演で元CIA職員のエドワード・スノーデンを描いた『スノーデン』などが公開されましたが、Netflix(ネットフリックス)にも数多くのノンフィクション映画が配信されています!

今回は、そんな“実話に基づいた映画”となっている映画5作品をご紹介いたします!

 

『実話に基づくノンフィクション』映画5選

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

2013年にマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが5度目のタッグを組み、80年代から90年代に悪名を轟かせた実在の株式ブローカーであるジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化したものです!

もちろんディカプリオが演じるのは、22歳でウォール街の投資銀行に就職し、26歳という若さで証券会社を設立して巨万の富と名声を手に入れた男ベルフォート、別名ウォール街のウルフ。

斬新なアイデアと巧みな話術で頂点に君臨してから転落するまで。

何よりドラッグとセックスが好きなクレイジーな生活・・・

波乱万丈の人生を送ってきたベルフォートをディカプリオが見事に好演しています!

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」

スティーヴン・スピルバーグが監督し、レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスが共演した、ノンフィクション映画の最高峰とも言える映画!

16歳から21歳までに400万ドル以上も稼いた若き詐欺師の実話を基に描かれます。

パイロット、医者、弁護士にまんまとなりすまし、偽装小切手を巧みに使いこなす主人公詐欺師をディカプリオ、彼を追いかけるFBI捜査官をハンクスが演じます。

コミカルでテンポが良く、映画を観た後によみがえる数々の名シーンや、二人の展開する人間ドラマ、「これが本当に実話なの!?」と思うほどのストーリーにも魅力を感じてしまいます!

「アメリカン・ギャングスター」

70年代のニューヨークを舞台に、実在した伝説的ギャングであるフランク・ルーカスの半生を描いたサスペンス映画!

今年公開『エイリアン:コヴェナント』でもファンを沸かせた巨匠リドリー・スコットがメガホンを取り、二人のオスカー実力派俳優デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウという最強コンビが共演しています。

デンゼルが扮した、運転手から麻薬王となっていく姿には何度観ても衝撃を受けます!

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』と同様、約2時間半の長編映画となっていますがあっという間に観れてしまいます!

「ザ・ハリケーン」

天才ボクサーと呼ばれたルービン・”ハリケーン”・カーター役に、本作でゴールデングローブ主演男優賞を受賞したデンゼル・ワシントンが扮し、キャリアの絶頂期に“無実の罪で終身刑を言い渡され、30年間も投獄されてしまった男の波乱に満ちた人生が描かれます!

刑務所内での苦境に耐えながらも希望を持ち続けるカーターには涙が止まりません!

また、牢獄で書いた自伝に影響を受け、カーターの無実を信じる少年との友情も素晴らしいです!

リングでは一人で闘ってきた主人公ですが、“自由への闘いは一人じゃない”と思わせるストーリーに心が震えます!

「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」

『トランス・フォーマー/ロスト・エイジ』でタッグを組んだマイケル・ベイが監督し、主演には『TEDの』マーク・ウォールバーグ。

さらに『ワイスピ』シリーズのドウェイン・ジョンソンなどのマッチョな俳優が共演した全米No.1ヒットのアクション・コメディ!

いつしか大金を手にして成功する夢を抱きジムで働いている主人公が、仲間と共に“史上最低な作戦”で常連金持ちビジネスマンの全財産を強奪&誘拐。さらに捜査官に追われ3人は大ピンチに・・・

という実話をベースに、筋肉男たちがコミカルに、そしてベイ監督の真骨頂である超過激で豪快なアクションで繰り広げられます!

まとめ

架空の設定や独特な世界観で魅了できるのは、映画やドラマの魅力の一つでもありますが、実際にあったことを映画化したノンフィクション映画というのは、観終わった後に様々な気持ちが込み上げてきますね!

ノンフィクション映画好きの方は、ぜひNetflixの”ジャンル検索”の方でもチェックしてみてください!