Netflixで観れる『2018年8月に配信された』おすすめ映画5選!【第2弾】

今回もNetflix(ネットフリックス)で8月に配信された筆者おすすめの映画をご紹介!

オスカー受賞、エミー賞受賞のベテラン俳優らが贈る一級戦争映画をはじめ、気になる作品をチェック!

 

『2018年8月に配信された』おすすめ映画5選!

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」

8月1日に配信された本作は、戦場から遠く離れた場所で進められる現代の戦争の闇を描いた、コリン・ファースプロデュースの軍事サスペンス映画。

オスカー女優ヘレン・ミレンをはじめ、『ハリポタ』シリーズでお馴染みの俳優アラン・リックマンや伝説のドラマ『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポールなどキャストだけでも大興奮間違いなしですが…

戦争をテーマとしながら、作戦会議室での“緊迫感溢れる会話劇”や人間の心理戦をメインに描いた斬新なスタイルにも圧倒されました!

とにかくスリリングで冷や汗が止まらない作品で、見終わった後の脱力感がハンパない作品ですよ!(笑)

「イーグル・アイ」

『トランスフォーマー』で人気を博したシャイア・ラブーフが主演を務めたアクション・スリラー。

謎の女性からかかってきた1本の電話をきっかけに、平凡な生活を送っていた男女の生活が一転し、巨大な陰謀に巻き込まれていく姿が描かれます。

一転、二転するどんでん返しや、休む暇もないほど常に緊張感が絶えないストーリーも魅力!

アクション要素もてんこ盛りで、スピード感や派手な演出にも満足のいく作品と言えるでしょう!

特に、前半部分で描かれている“カーチェイス”シーンには思わず引き込まれてしまいますね!

「グッバイ、サマー/Microbe et Gasoil」

『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリーが監督・脚本を務めた青春ムービー。

画家を目指しながら自分の容姿に悩みを抱えるダニエルと転校生の変わり者テオが意気投合し、日々の生活から脱出するために“夢の車”を作るべく夏休みに旅に出る…というお話のロードムービーとなっております。

ゴンドリー監督の自伝的青春ストーリーとはいえ、やはり彼の作る独創的な世界観は最大の魅力です!

“フランス版スタンドバイミー”といいても過言ではないでしょう!

「新クライモリ デッド・フィーバー/In Fear」

一見、ホラー映画で有名な『クライモリ』シリーズのリメイク版や続編などと思われがちですが、本作はいわゆる“邦題詐欺”の全く別物のホラー・スリラー映画です(笑)

知り合って2週間の男女がパブでお酒を楽しんだ後、夜までリゾートホテルで時間を潰そうとした2人に襲いかかる恐怖が描かれます。

近くの森で2人の身に起きた様々な怪しい騒動の末、無事に森から脱出することができるのか…というお話ですが、マニアックなスリラーがお好みの方はぜひご覧になってみてはいかがですか?

“クライモリ感”はゼロですが、筆者的には中々楽しめる映画でしたよ!

「Re: LIFE 〜リライフ〜/The Rewrite」

ラブコメ界のイケメン俳優ヒュー・グラントと、『ラブソングができるまで』『噂のモーガン夫妻』のマーク・ローレンス監督が4度目のタッグを組んだヒューマンドラマ。

かつてアカデミー賞を受賞するも今は落ち目の脚本家が、田舎の大学でシナリオ講座を受ける生徒たちとの交流を通じてやる気を取り戻していく様を描いたお話です。

祭祀にも逃げられどん底にいた主人公が、様々な交流を通して心に変化が起きていく過程にすごく引き込まれてしまいます!

哀愁漂うヒューの演技にも注目!

中でも注目なのは、映画『セッション』で凄まじい鬼コーチを演じた名優J・K・シモンズが、涙もろい学科長という“セッションとは対照的な役柄”を演じていることです!

まとめ

いかがでしたか?

8月配信の映画も良作揃いですよね!

ぜひお時間があるときに一度ご覧になっていただきたいです!