【Netflix】『モンスターハンター・レジェンド・オブ・ザ・ギルド』がモンハンのファンは必見である理由 あらすじ・まとめ

Netflixオリジナルとして配信されている『モンスターハンター・レジェンド・オブ・ザ・ギルド』は、大人気ゲーム『モンスターハンター』を題材にした1時間程度のアニメーション作品です。

モンスターハンターが好きなら気になっていた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は『モンスターハンター・レジェンド・オブ・ザ・ギルド』のあらすじや世界設定、登場人物などをネタバレ少なめにご紹介します。

スポンサーリンク

『モンスターハンター・レジェンド・オブ・ザ・ギルド』のあらすじ・設定

主人公はモンスターハンター4では「筆頭ルーキー」、モンスターハンターワールドでは「陽気な推薦組」という名前で登場したエイデンが主人公です。

といっても、原作ゲームを知らないと困るようなネタはほとんどないので、これらをプレイしていなくても大丈夫です。

物語はエイデンがモンスターハンターとして認められる前の青年時代のお話で、田舎の村で自警団として活動するエイデンは村が古龍に潰されそうだと知ります。

そこでエイデンは、ハンターズギルドに所属する一流ハンターのジュリアス一行を頼り、村を守る方法を探りに行く・・・というのがあらすじです。

エイデン以外の登場人物

モンスターハンター4では、筆頭○○という、役職を持つ者がいます。

エイデンは、モンスターハンター4のころには筆頭ルーキーとなっています。

この物語に登場する主要人物は、皆が筆頭○○なので、ゲーム内でも有名な人物といえるでしょう。

■筆頭リーダー:ジュリアス

筆頭ハンター達のリーダー。ジュリアスという名前が明かされたのは『モンスターハンターワールド:アイスボーン』。

リーダーらしくカリスマ性の高い男で、厳しく無口で剣が得意な男。

■筆頭ガンナー:ナディア

ジュリアスがコミュニケーション能力に乏しいため、まとめ役は彼女。

知性的で作戦立案もこなす。

■古龍:ナナ・テスカトリ

エイデンの村をピンチに陥れている古龍は、ナナ・テスカトリです。

炎をまとう獣のような龍ですが、モンスターハンター4の頃はまだ発見されていない(ゲームに登場していない)ため、映画の中では「謎の古龍」として扱われています。

『モンスターハンター・レジェンド・オブ・ザ・ギルド』まとめ

ということで、『モンスターハンター・レジェンド・オブ・ザ・ギルド』をまとめると・・・

  • モンスターハンターのCGアニメ映画
  • 主要な登場人物はモンスターハンター4の筆頭ルーキーや筆頭リーダー。
  • 実写映画の「モンスターハンター」とは関係がない

モンスターハンターの映画といえば、2020年にミラ・ジョボビッチ主演の実写映画「モンスターハンター」が有名ですが、個人的には今作のほうが原作ファンも受け入れやすい内容だと思いました。

そもそもモンスターハンターはゲームが原作なのでCGアニメーションとの相性がよく、なんならゲーム内と映像だと言われても違和感がありません。

それに登場人物、ボスとなる古龍ともに、原作に登場するキャラクターなので、彼らのストーリーを深堀りするという意味ではファン必見の映画といえるのではないでしょうか!

Monster Hunter: Legends of the Guild | Netflix Official Site
In a world where humans and fearsome monsters live in an uneasy balance, young hunter Aiden fights to save his village from destruction by a dragon.

コメント

タイトルとURLをコピーしました